ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日の君は、どうしたいのさ。

ぼくらは知っている
このセカイが辛くて 悲しいこと

だから 明日に頼ろうとするんだ

今日は辛い日だったから
今日は嫌な日だったから

あぁ それで良い
明日に希望を持てないなんて

それこそ悲しすぎる

誰かが言っていた
今日駄目だったヤツは 明日も駄目なんだと

くだらない

じゃあ お前は 明日の俺を知っているのか

そう言ってやれ

明日は 誰も知らないンだ

あの偉いヤツも
あの幸せそうなヤツにも
あの歪んだ笑顔で見下したアイツにも

そう

誰も

誰も

明日はわからない

だから 僕たちは ワクワクしていいんだ
だから 僕たちは 胸をはっていいんだ

何が起こるか わからないんだから

だから 

その手を ぐっと握りしめて
顔を上げて

明日に
明日に

君は

ただ 「素晴らしい明日になるように」 と

思うだけでいいんだ

僕には見える

君の 

背中に

無限のミライが有ることを 


だから

落ち込むのは もう辞めにしようぜ

[タグ未指定]
[ 2010/05/20 22:52 ] とある詩 | TB(0) | CM(0)

本当は、知っているんだろ?

君が顔を上げないのは
この「世の中」が 辛く くるしい からなんだろう

でも、

本当は 知っているはずだ
この「世の中」が 実は きれいで 尊い部分も あることを

それが ホンの豆粒ほどの ものだとしても
ほら、「そこ」にも 「あそこ」にも 転がっているんだよ


だから
君は顔を上げて
目の前の景色を 見つめ直すんだ

そこには きっと うつくしいものが うつるはずだから

だいじょうぶ

人間は 君が 思っているほど しょーもない ものでもないんだぜ

[タグ未指定]
[ 2010/05/03 21:55 ] とある詩 | TB(0) | CM(0)

あの人の最愛になった、君へ。

もし 告白するのが アイツより 早かったのなら
君の隣には ボクが居たのかな

そんな夢みたいなことを考える

どうせ 世の中は 「たられば」 なんだけど
それでも 君の事を 嬉しそうに話す あの人に会う度

君のことを
君の幸せの事を

考えてしまう

もし 君を 好きだってことを もっと早く伝えていたら
君の隣には ボクが居たのかな

さようなら 大好きな人
さようなら 大好きだった人

それでも 君がくれたメールは 消せそうに無いんだよ
だって

これは

確かに 君と僕を繋ぐ 思い出なんだから

さようなら 優しい君へ
僕の想い さようなら








※注「たられば」とは

 ……もし「~していたら」「あの時こうしていれば」……etc...
後悔ばかり重ねること。

[タグ未指定]
[ 2010/03/22 02:40 ] とある詩 | TB(0) | CM(0)

ハツコイ

君がくれた優しさ 今でも 覚えている
こんな僕に 君から話しかけてくれた

部活のとき ふいに君と出会う
そんなとき いつもよりも声を大目に出していたよ

君のことを考える
それだけで その日が輝いていたんだ

思えば君は 誰にでも優しかった
僕はその中の ひとりに過ぎなかった

友達も 君のことを好きだって言ってたよ
大人しい僕等にとって 君はそういう存在だった

だから 皆 君のことが好きになったんだ

結局 僕は勇気を出せなかった
だって 君は 優しすぎるから

この想いを秘めたまま 僕等は会わなくなった


あれからもう十数年
お互い年もとっちゃったけど

今頃 君はどうしているだろう
もう結婚はしてるかな
子供がもういるのかな

きっと 素敵な家庭を築いている
そう信じたい

あの時 僕にくれた優しさを
今度は子供にしていると信じて

余計なお世話だろう
でも

初恋って

そういうもんだと思う

実ることの無い 恋
ハツコイって

そうなんだろうと思う

君がくれた優しさ 今でも 覚えている
こんな僕に 君から話しかけてくれた

そして大人になって
今は君のように 

自分から 話しかけるようになったよ



君がくれた強さ 今は ちゃんと
出来るから

[タグ未指定]
[ 2010/02/24 22:57 ] とある詩 | TB(0) | CM(0)

猫は気楽で良いよね、とは言ったものの。

人間辞めて何になる

昔のアニメでそんなのあったっけ

猫は気楽で良いやね、なんてふと思ったりする

特に野良で無くて飼い猫

にゃーにゃー言っておけば後はお気楽ってなモンさ

食事も、住む所も、そして何をしても自由だモノ

あぁ、猫になろう 猫になりたいやネ

なんて思ってたら、猫にも色々悩みは有るんだとサ

「子供を産んじゃいけないってことで、大事な所を
取られちゃったのサ 酷いだろう?」

「ご主人様は気分屋だからさ たまに暴力とか奮う時あるね」


トドノツマリ

やっぱ 人間で良いやって、ことになるんだろうか

んー でも 今の自分に納得せずに

変わりたい、こうありたい、という気持ちは 大事なのかもね

さぁ、明日が待ってる

僕は、まだ、何かに

変われるんだろうか?

[タグ未指定]
[ 2010/01/26 22:25 ] とある詩 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。