ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千鶴の近所のお兄ちゃん【夏の怪奇シリーズ】 壱:白いうなじの少女 第3話

【登場する地名、人物名、団体等は全て架空のものであり
実在するものとは何ら関係ありません。またパープルソフトウェアより
発売されたソフト『明日の君と逢うために』に関する登場人物とは、
何ら関係ありません】




                  



「神様がくれたチャンスは、お互いに想っている人に会える、というものだった」

彼が発した言葉を、真摯に受け止める。
その内容は、突拍子も無いことだけど、それを笑って過ごせるほど、彼の
不思議さは痛感していたし、また、真剣な「目」で語る、その話を。

私が、受け入れないはずが、無かった。

「今日、このバスは……事故に合う」

「乗客のうち、死傷者は2名。……原因は不明。だけど、ピンポイントで2名『だけ』が
死んでしまうんだ」

「……もう、わかるよね。死んだのは、君と、僕だ」

驚かないんだね、という彼に無言で頷く。

「元々、君と僕はもっと前に……どちらかが声をかけたのか忘れたんだけどさ。
お互いに知り合いになって、そして……恋人同士になった」

そして、幾つもの思い出を作っていった。
そんな時に、バスの事故が起きた。

                  



僕は……死んだ、のか。

黒い、黒い空間の中で、僕は覚醒した。
辺りには、何も無い。……黒い、ただ無限に黒い。

「……気が付いた」

そこへ、少女の声。

「君は」
「わたしは……神様」
「へ?」
「まぁ……驚くのも、無理はない。皆同じ反応をするから、慣れっこ」
「だってまだこども……」

「それより、どうして貴方『たち』死んじゃったの」
「……たち?」

そして、目の前には……。

「……っ!!」

「おいっ、おいっ! ……しっかり、しっかり!!」
「う、うぅ……ん」

「予定では、このバス事故は『死傷者ゼロ』になるはずだった」
「でも、何故か『手違い』で、貴方たちが死んでしまった」
「このままじゃ、困るということで……特別に、特例として、貴方たちに
期限付きで、あることをしてもらう」

そう言うと、少女は手を振りかざした。

―― りん、と。

鈴の音が、した。

                  



「条件というのは、お互いに会うことなく、バスに乗ることが出来る、というもの。
だから僕は、君の……つまり、君の『僕のような存在』には会う事が出来ない。
そして、もうひとつの条件は、自分自身に会うことは出来ない。……だから、僕は
『僕』が来る停留所になると『消える』わけだ。……そして、僕の姿は『僕』には
見えない。自分と同じ顔をした人間を見るなんて、考えただけでも怖いだろ?」

「……じゃあ、貴方は、幽霊ってこと、なのね」
「知っていたはずだけどね。……僕の姿は『君だけ』しか見えないから」

「恐らく『君』も、このバスに乗っている。君には見えないけどね。そして、
もうひとりの『僕』に接触しているはずだ」

「どうして、それを……この日に告げたの。もっと前に言ってくれれば、私は」
「……エゴ、さ。……君にこのことを早く告げて、それで危険を回避することが
できたら、僕の『役目』はおしまいだからね。……後は……消えるだけ」

―― あぁ、そうか。

彼は、このバスの少しの時間だけ。
最愛の人と、
もう、再び会えるはずが無かった人と、
話すことが出来たから。

1分でも、1秒でも。

一緒に、いたかったのか。

「だから、話は簡単だ。事故に合うのは、彼がバスに乗ってから、終点に着くまでに
二人で『降りればいいだけのこと』。それで、事故は回避出来る」

「……でも、何て声をかけたらいいの? だって、二人はまだ赤の他人だよ」
「大丈夫さ。……だって、僕は」


ずっと、

君のことが、

好きだったから。


「~公園前、~公園前、です」

アナウンスの声。……そう、この停留所は、彼が乗って来る、停留所。

座席には、

彼の姿は、もう無かった。

ただ、私の頬に、

柔らかい感触が、

残っていたかのようだった。

それをなぞると、

私は、一世一代の決心をした。




【続く】

[タグ未指定]
[ 2010/06/04 12:15 ] ショート・ショート | TB(0) | CM(0)

千鶴の近所のお兄ちゃん【夏の怪奇シリーズ】 壱:白いうなじの少女 第2話

【登場する地名、人物名、団体等は全て架空のものであり
実在するものとは何ら関係ありません。】




                  



異変に気が付いたのは、3日前。
私が「彼」に逢うため……というわけではないのだけれど
(と、いうことにして欲しい……)
決まって同じダイヤのバスに乗っているのだが、

私の定位置(いつも後ろの座席に座っていた)に、
「その人」が居た。

こちらを見て、微笑む、その人の顔は、

まぎれもなく、

いつも気になっていた、「あの人」だった。




                  



「やあ」
「……はぁ」
「僕が見えるってことは、『向こう側』も見えているってことなのかな……
否、違うか。……だったら、もっと吃驚するハズだよね」
「あの、さっきから話が見えないんですけど」

いつも乗る停留所は……ここじゃないはずだ。……もっと先のハズ。
それに、こういう言い方は……あまりしたくないのだけれど。

すこし、

―― 馴れ馴れしい気がする。

嬉しいはず、なのに。

「私、貴方とそんなに親しい仲でもないと思うんですけど……
どうして、そんなに」

「あぁ、ごめん。……そうだよね、そりゃぁ……そうだ。『まだ』僕らは
出会ってもいないんだものね」

「……?」

「んー。あまりこうして会話しない方が良いか。……ま、こうしているより、
実際に見てもらう方が良いのかもしれないね」


―― バスが、止まる。

そして、この停留所は……彼が来る……そう、いつも彼が乗ってくる停留所……

「え」


そう。

何事も無く。

今、まさに会話していた「はず」の、

彼が、

その停留所から乗ってきたではないか。

「……こ、これってどういう」

振り返る。

……すると、

今までそこにいたはずの「彼」は、

どこにも居なかった。

……3日前の、ことである。


                  



もうすぐ、終わる。

僕は、「白いうなじの」少女が、読んでいるハードカバーがまもなく終わることを
横目で見ていた。

……読み終えたらどうなるのだろう。
そんなことを、考えてみる。

否、別にどうということはないのだけれど。
何故か、彼女が次に新しい本を読む、なんて想像はつかなかった。
そして同時に、それを読み終えると、何だか彼女がもう、この
バスに乗らないんじゃ無いのかとすら思えてきた。

……だったら、することはひとつじゃないのか。
自分に言い聞かせてみる。

「ぼ、僕は……ずっと前から、君を……見ていました!」

彼女に、声をかける。

……そんな簡単なことが、
僕は、まだ言えずにいた。


そういえば、

僕はまだ、

少女の「正面」を、

見ていないんだった。

あれ、

どうして今の今まで、

気が付かなかったのだろう。



                  



不思議なことは、慣れれば「不思議」から「日常」のものに変わる。
そうなるはず、であるが、私にはまだこの光景が受け入れ難い。

私の乗る前から「彼」が乗っている。
その「彼」は饒舌で、私に色々な話をしてくれた。
―― 楽しかった。

そして、本当の? 彼が乗ってくる停留所で、彼は「消えてしまう」のだ。
目の前には、彼。

……でも、話せない。目も、合わせられない、彼。

私から、話しかけてみようかな。
恥ずかしい、という気持ちが支配する。

向こうは、こんな女の子が突然話しかけてきたら、どう思うだろう。
きっと、困惑するに違いない。

「あの彼」と、今、目の前に居る「彼」はちがう。

……同じ人なのに。


なぜ?


そうこうしているうちに、

私は、彼から……えぇと、積極的に話しかけてくれる、
「不思議」である彼、だけど。

そんな彼から、衝撃的な一言を、聞かされることになる。


「……決めて欲しい。真実を、教えるかわりに」

夏は、もうすぐ。

でも、私は、ふるえた。

……バスのエアコンの所為では無く、彼の次に発せられた、一言に。




「もうすぐ、僕らは……死ぬんだ」



【続く】

[タグ未指定]
[ 2010/06/03 22:25 ] ショート・ショート | TB(0) | CM(0)

千鶴の近所のお兄ちゃん【夏の怪奇シリーズ】 壱:白いうなじの少女 第1話

【登場する地名、人物名、団体等は全て架空のものであり
実在するものとは何ら関係ありません。】




                  



バスの中で、とある「少女」に確実に会うために、ダイヤの確認を行い、
いつもと同じ時刻を狙う。

その少女の、白い、透き通った「うなじ」が頭から消えない。
僕は、その名前も知らない少女を見ることで、今日一日が
幸せになれるんじゃないか、という妄想すら抱いた。


僕が、その少女を初めて認識したときから、ひとつ気になっている
ことがある。

彼女が読んでいる「本」だった。
少女が読むにしては珍しく、それはハードカバーであり
(普通なら、文庫本か、コミックだと思うのだが)
また、やけに古い本の様だった。
(流石に内容までは解かりかねるが、外装は茶色に覆われていて
年季の入った代物だということは直ぐにわかった)

初めは、もちろん最初のページだったのだが、それをやけに
ゆっくりと読んでいる。

普通、バスの中とはいえ1~2分もすれば次のペーシをめくる
ところであるが、少女は、ずっと同じペーシを読んでいるようにも
思えた。

だが、次第に、それが「ゆっくりと、しかし確実にペーシはめくられている」
ことに気が付いたのは、少女にバスで出会ってから、早いもので
数ヶ月が経過した頃のことである。


―― 半分のところまで、読んでいるじゃないか。

そう、気が付けば、少女はその本の、約半分まで読み終わっていたのである。
そして、まだ、僕は少女に話しかけられないままでいた。

         





―― 気になる、男の子がいた。
その男の子に会いたくて、私は、同じ時間、同じバスに乗るようになっていた。
一見、普通の、どこにでもいそうなひと。
でも、何故か、私は、

惹かれた。

あぁ、それはきっとあの時からだ。

年配の方が入ってきた時に、席を譲る代わりに「次とまります」のボタンを
押して、バスを降りてしまったのだ。

私は、もちろん知っていた。
彼が、その停留所で「降りるはずがない」ことを。

譲ろうとして。
それでも、恥ずかしくて。

それで考えて、考え抜いた答えが、「それ」だったんだろう。

なんて、不器用な男の子なんだ。

そう思ったら、なんだか彼のことが気になって。
特別な、感情が産まれたんだと思う。

恋なんて……ま、そんなもんでしょ、と自分に言い聞かせながら。

でも、気になるのは、それだけではなかった。
彼の、視線の先。



居ないはず の、

その視線の、先。

彼は、

何を、

「観て」

いるのだろう。







【続く】

[タグ未指定]
[ 2010/06/02 00:11 ] ショート・ショート | TB(0) | CM(0)

全部スープを飲み干してこその愛情。

【登場する地名、人物名、団体等は全て架空のものであり
実在するものとは何ら関係ありません。】






「……この浮気ものが」

冷めた視線で男性を睨んでいるのは―― どうやら彼女、らしい。
名前は「はなちゃん」、という。
先日、男性は、彼の部下である「ももちゃん」とデートしていたのがバレた、とのこと。

「女の子って、色々なタイプがあるじゃない」
「それは男もそうでしょーが」
「いつもセミロングの女の子と居ると、たまにはショートの子に目が行くでしょ」
「だったら髪切るから」
「僕は、巨乳も好きだけど、控えめな微乳だって好きだ。両方、堪能したいんだ」
「いや、だったら豊胸するから」
「……ご冗談を。巨乳がはなちゃんで、微乳がももちゃんデスヨ?」


「ふ、ざ、け、る、な、よ」
「い、痛いイタイイタイ、ギブぎぶぐぐぶぐびびねはじゃlくぁ!!」

男性の眉間にアイアンクロー。

「お待たせしました! こちら、唐揚げセットになりやっす!!」

女性の威勢の良い声で、彼らは、しばし、休戦。


―― そう、舞台は、某ラーメン屋。












「……んにしてもさ。ここに来たら、やっぱり『こってり』を頼むよな」
「……ん。そーね」
「で、定食は何にするか迷うわけですよ。チャーハン定食にするか、はたまた」
「餃子定食は頼まないよ。……わたし、接客業。……口臭、ヨクナイ」
「そんなの、僕だって……そうだ」
「って、机に足当てないでよ! スープ飛んだじゃん」
「……僕たちの関係は、この『定食』を選ぶときの人の心理に似ているんだよ」
「……はぁ」
「ね? 僕は唐揚げ定食が一番好きさ。はなちゃんは、いうなれば僕の『唐揚げ定食』」
「揚げられるの、ヤなんだけど」
「たとえ話でしょ? で、ももちゃんがチャーハン定食」
「……どうせなら餃子定食にして欲しいんだけど」
「違う違う。餃子定食は……あ、ますみ先輩で」

どうやら、男性の事を狙っているらしいと噂の、中年マダム、とのこと。

「そこで先輩を出すのが間違ってると思うんだけど」
「それだけ、注文するのはありえないって事さ。……ね、チャーハンを食べたいときもある。
毎日、毎日『唐揚げ』なんて飽きるでしょ? だからチャーハンも食べたいと」
「……はぁ、どうしてこんなアホを好きになったんだろう、私」

そういって、はなちゃんは、こってりスープを一口すすると、

「私的には、あなたにとっての、この『こってり』になりたいところだけど」
「どういう意味さ」
「……スープには、『あっさり』と『こってり』の2種類があります」
「うん」
「選択肢は有るんだけど、結局最後には『こってり』を選ぶ」
「……あ」

「ラーメンでたとえ話をした、アンタが負け」
「……適わないね、どうも」



この会話を聞いていた、おおよそ店の客全体の7割であろう、一人でスープを
すすっていた彼らは、同じ想いを抱いていたという。

「リア充、爆発しろ!」



【了】

[タグ未指定]
[ 2010/04/27 12:47 ] ショート・ショート | TB(1) | CM(0)

新人クン VS 3匹!地球最大の決戦!

【登場する地名、人物名、団体等は全て架空のものであり
実在するものとは何ら関係ありません。】



                  



果て、如何したことか。
僕は、あらためて目の前の状態を再確認しようと試みる。

僕の右隣りは、恐縮してしまっている男が一人。……そうだ、彼は
我が社に今年入ったばかりの新人クンである。
名前は……ええと。忘れたので「新人クン」で通そう。

で、左隣りで熱心にペラペラと紙を捲る音を出しては
「これでもない……これでも……ない」
と独り言を呟いている女性が一人。

これがまた暗室に近い照明の中に居るものだから、目が悪いのだろう。
紙に鼻息がかかるんじゃないかと思うくらい顔を密着して顔を前後させ
食い入るように「それ」を見ていらっしゃる。

―― そして、真正面。

ネクタイを頭に括り付けて……えぇ、本当にそうやっている人って居るんですネェ。
とまるで他人事のように呟いてみたが、目の前に居る「男性」は紛れも無く
僕の上司である。

そして、顔を上気させ(ウマイ! やっぱりここで飲むビィルは最高だね!と
叫んだ上司はもう生中を4杯飲み、続けてウイスキヰを嗜んでいらっしゃいます)

歌を、

歌っていた。



「まっかぁ~な、 スカァァァ」



そう、今、僕はとある「カラオケボックス」に、居た。



                  



我が社のヲタク比率は、それはもう少ないはずだった。
僕は30代で、ヲタク=悪、という図式で思春期を謳歌していた為
自分の嗜好を「隠す」よう徹してきたつもりであった。

が、携帯の着信音をうっかり「THE BEAST 2」にした為に
「た、大変ッ……●●君のシンクロ率が、400%を越えています!」
と……ある女性に叫ばれてしまった。

それが、左隣りの女性。
山田さん、という。

彼女は、オープンザヲタクであり、腐女子であり、コスプレイヤーであり、
30代である。

彼女もまた「仲間意識」を僕に感じたらしく、その件の後、すっかり
仲良くなってしまった次第である。

僕としては、ひっそりと生きていたかったのだが、職場に同じような
趣味を持つ人が居ると、結構楽しいものである。

――視線はそれなりに厳しいものではありますが。

で、僕と山田さんの直属の上司……ええと、今、目の前で「熱唱」
していらっしゃる方が「田中」先輩。
この人、年齢は40代。僕等30代を「エヴァ世代」とするなら
所謂「ガンダムorヤマト世代」だ。

この人は山田さんが自己紹介をするなり「君の声は櫻井浩美さんに似ているね。
よし、君のあだ名はきょうから『はるるん』だ」と言っていたので
僕は思わず噴出しそうになったことを覚えている。
(その時はまだ僕は隠れヲタだったので平静を保とうとしたが肝心の山田さんが
『光栄です! ガンパレー●マーチは勿論クリア済です!』と普通に返して
その後、二人が盛り上っていたのを羨ましいとか思っていた)


僕を含むこの3人が、何の因果か、チームを組まされた。
…そこに、今年新入社員として配属された彼が……

新人クンが、同じメンバーとして組み込まれることとなった。

彼は、非ヲタであった。

とにかく、親睦を深めよう!
と、いうことで行われたのが「歓迎会」。

だが。

歓迎会=カラオケという安直な図式が採用され、

何を血迷ったのか、
行き成りカラオケは、


「アニソン」縛りになってしまった。


えぇ、勿論「田中先輩」の所為ですとも。

で、新人クンが一番最初に歌ったのが「めざせポケ●ンマスター」。
あぁ、成程。20代だもんね。そりゃ「ポケ●ン」だわなぁ、と感じていると
田中先輩と山田さんの反応は、イマイチ。
いやいや、アニソン縛り自体が敷居高すぎますから! ……というツッコミは
もはや彼等には通用しない。ここは僕が新人クンをカバーしなくては。

「いやぁ、懐かしいなぁ。僕も見てたよ」
「そ、そうですか……あ、あはは」

……普段こういう系を歌わないんだろうネェ。同情するよ。
と思っていたら、直後に山田さんが入れたのが……


♪『絶対運●黙示録』♪


「いきなりウ●ナて! しかもこっちかよ!!」

……思わず突っ込んでしまった。

「おぉ、ナイスツッコミね。 ムフ。聞いてなさい、新人クン。私の美声に酔いな!」

後は想像通りである。
新人クンはすっかり萎縮してしまった。

い、いかんっ! こういう時こそ、僕がしっかりしなくてはっ!

頭の中で「20代が安心して聞けるアニソンとは何ぞや??」を探す、探す。


♪『メ●ッサ』♪


「えーつまんない」
「これ、アニソンと違うのではないのかね?!」

二人のブーイングも何のその。僕は無難に歌う。

「いやー歌ウマイッスね」
「それほどでも……あるかなぁ~ふはは」

うん、新人クンも良い感じで着いて来てくれている。
よしこのまま行きたい!

ということで、僕は田中先輩に念を押したのだ。

「先輩、お願いしますよ。マイナー所じゃなくて、こう誰でも知ってる系の
アニソンでいきましょう。新人クンは、ほら、非ヲタですから」
「何を言ってるの! アニソンはね、魂なんだよ? 勝手にそんな事言われてもだね」
「そこを何とか! ひいてますから! ウ●ナで! ここはひとつ」

……で歌ったのが、

冒頭の

♪「真っ赤なス●ーフ」♪


……いや、確かにメジャーですよ?

でも、歌うならオープニングでしょうが!!


僕の願い空しく、新人クンは帰ってしまいました。


……ごめんね、新人クン。
そう言いながら僕は「夢●年」を熱唱することにした。


「星屑の海の中……」


【了】

[タグ未指定]
[ 2010/04/12 01:08 ] ショート・ショート | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。