ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【超ネタバレ有】Signal Heart体験版レビュー

と、いうことで、早速プレイしてみました。
※これより先はネタバレ全開となります。未プレイの方は
ご覧になりませんようお願い致します。









……。















…………。




















そろそろ、良いでしょうか?














………………。
















…………………………。














【感想】


冒頭のコミカルな描写。漫画テイストなCGの展開にポップなBGM。
展開は主人公の家が燃え、住む家をなくした場面からのスタートだが
上記の演出からこの作品がコメディ系であることがわかる。

兎にも角にも家を失った主人公。友人キャラの絡みの後、ヒロイン
渚の登場。「男嫌い」という設定の通り、最初の主人公に対する
好感度は限りなく「ゼロ」に近いようである。

続いて登場するは人気No.1(個人的)の瑛。
五行なずなさんの「明日の君と逢うために」で登場した
夕霧 瑠璃子に近い声質の演技が、可愛い後輩キャラであることを
色濃く印象付ける。出会いも、階段から落ちそうな彼女を主人公が
助ける、というベタ展開。……この娘も男嫌い、という設定だが
真っ向から近寄るなオーラを出す渚と違って、こちらは
「うぅ、駄目なんですぅ……」と赤面しちゃう系か。

この点から見るに「渚」というキャラが、ともすれば我々ユーザーから
見ても魅力的な性格付け、ではなく寧ろマイナスに働いてしまうのだが
恐らく「デレ」てからが本領発揮、といったところか。

桜川シュトラッセ未央さんの、いつもと違う抑え気味の
落ち着いた声が印象的ではある。

そして普通に登場してくる「ここね」。cv:榊原ゆいさんの持ち味である
ストレートで元気な女の子。(柳原さんの演技は文章の初めにリアクション
を取るので判別がし易い。「あぁー」とか「んんー」とか。リアルな演技に
拘っているのだね)
彼女は「日常の中に最初から居る友人の一人」という
位置付けであろう。年下かな?と思っていたが、クラスメイトのようだ。

続いて智沙先輩。cv:夏野こおりさん。……この人は裏に何か有る。
という含みを持った演技。単にそういう性格っていうオチなんでしょうけど。
一番敵に回したくないタイプだなぁ、という印象。

ま、取り敢えず瑛のテンプレな萌え展開をニヤニヤ見つつ、クリック、クリック。

家を火事で失った主人公。両親は海外で不在。学園の男子寮は満杯。
アパートを借りるお金も保証人も無し。……ということで最終的な選択肢は
なんと女子寮に住むこと。

女子寮のメンバー=攻略キャラである4人の賛同を、一週間以内に
取り付けなければ主人公は住むところが無い。さぁ、皆を説得出来るか?

という話で進んでいく。



【総括】

辛口コメントになります。ご注意を。


……さて。どうなんでしょうか。
物語について。
ある一つの道があるとします。(=物語の大筋)
そこから逸れて行く事。(=サイドエピソード)逸れる事には理由があります。

それは、各キャラクターの個性を魅せる為。
また、伏線を張ったりする為。
とまぁ、色々な理由があり「無意味なモノ」は無いはずです。
有ったとしても、それをブラッシュアップして「見易く、テンポ良く」するのが
基本です。

今回このSignal Heart体験版では、残念ながら、そのテンポが
削がれる会話やエピソードを多数、お見受け致しました。

「んーこの会話って必要なのかな?」とプレイ側が思ってしまうのは
如何なものかな、と。

またこの作品の世界観、というか、背景が浮かんできません。
まだ序盤だから……というのはわかりますが、どうしても
主人公が大勢の学園の中の一人として生活しているとは
思えない。

逆に主人公の為だけに作られた学園、設定、キャラクター達、
という印象を与えてしまう。……あくまで主人公は学園の中の
多数いる男子生徒の一人のはずなのに。
「セカイ系」の主人公では無いので、そこら辺のリアリティは出して
欲しかった気がします。

主人公が居て、その周りに友人キャラが居る。
攻略ヒロインが居る。……ただ「それだけ」で
学園として機能していないように感じました。

上記の理由は、明白です。
演出が台詞のみで圧倒的に地の文が少な過ぎる。
……確かに台詞のみだと、テンポが良いように感じるのですが、それは
本当にテンポであって「読み易い」テキストでは無い。

情景説明等欲しいなぁ、という場面で、台詞ばかりが先行してしまって
読み手がおいてけぼりになるシーンが多々見受けられました。


以上2点なのですが、実は2点とも逆の事なんですよね。
テンポが削がれる、と感じた最初の意見。
で、テンポを良く魅せるために台詞部分を多くしてしまった為に
見えなくなった「背景」、という最後の意見。

矛盾するようですが、つまりはテンポを良くする=台詞シーンの多用
では無い、ということです。

地の文と、台詞のバランス。……が大事なのかなぁ、と感じます。
素人無勢が何を言うか、な話ですので、ここまでにしておきます。


で、更なる感想の続きを書こうとしたら……
美子なるキャラの台詞でバグ発生……。


感想はここまで、です。

ちなみに思わせぶりな美子なるキャラがちょっぴり気になります。
果たして彼女の、本作品における役割とは??

















>/akiさん
同じところで終了しましたか(笑)まぁ、あと少しで
終わりですから。あの辺りをスキップすればOKでしたね。
それにしてもあのバグはワザとじゃないのというくらいで。
「ほめほめほめほめほめ……」て(笑)と思いました。

シグナルハートはイチユーザーとして本当に楽しみに
してます。今からドキドキですね。

[タグ未指定]
[ 2009/07/17 03:28 ] PCゲーム | TB(0) | CM(1)
こんばんはー。
いやいやいや……。
僕もシグナルハートの体験版は美子でバグって終了って感じでした。
地の文の少なさは、それがかえってネタ(伏線)にできていれば面白いんですがね。

欠点を利点に変える。
ゲームであることのシステムや設定を上手く物語にからめる。
ルールを逆手にとる。
こういったことができれば、ものすごいシナリオができる気がする。
という僕の妄想。
[ 2009/07/20 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。