ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寝取られ、ストーカー……「エスパー魔美」は早過ぎた?

※今回の記事は完全にオジサン向けの記事です。ご了承ください。


久し振りに「エスパー魔美」の原作本を読み返してみた。
「ドラえもん」で有名な藤子F不二雄先生の、いわゆる「萌え系」の漫画だ
(勿論、当時はこの手のジャンルはまだ存在していない)

しずかちゃんが子供に見えたマセた子供(私)にとって、佐倉魔美は
素敵なお姉さん。

そして、エッチな目で見てしまう……そんな、当時の小学生にとっては
とっても素敵な存在だったと思う。

(初恋のアニメキャラといえば……という問いで、魔美ちゃんを上げる人は多いと思う)


一般的にはTVアニメからエスパー魔美を知った人が殆どだと思う。
TVアニメは1987年~89年放送。約25年前のアニメだ。
僕もそうだが、原作の漫画は、TVアニメ化から遡る事10年前。
なんと、1977年連載である。

僕はまだ生まれてもいない。
当時のアニメは「無敵超人ザンボット3」が放映された年。

エスパー魔美の原作は、1stガンダム放送前だ。

とんでもなく古い作品である。

だが、この「エスパー魔美」は今見ても色褪せない……
いや、今見ると驚かされる描写が多数、存在する。


まず、ヒロインの魔美は中学生の女の子だが
父親が画家で、なんと彼のヌードデザインのモデルを務めている。

アニメでもこれがそのまま採用され、
お茶の間の時間に、堂々と中学生の少女のヌード描写が存在していた。

当時、小学生だった僕は興奮したものだが……今は無理なんだろうなぁ、
と思うと悲しい。

また、魔美を襲う数々の出来事。もちろん「エスパー」ならではの
危険な戦いだとか、超能力の見せ場など多数存在するが、

「性的な」ピンチが、結構あったりする。
その所に、僕達ちびっ子は興奮していたものだ。

①学校の先輩からヌードを強要される。
映画研究会の部長からヌードを強要される。魔美は純粋に映画の主演に抜擢され
喜んでいたが、実際は彼女のヌードが目当てだった……。というもの。

②ストーカーの被害にあう。
TVアニメ放映当時でも珍しいと思われる。社会的に問題になったのは
この後のことだと記憶するが……。
街を歩いていた魔美に一目惚れをした青年(これがまた憎たらしい容姿をしていて
この話を盛り上げさせる役にぴったり)が、ワザとハンカチを落として
注意をひきつけ、またおせっかいな性格の魔美の性格を利用して……
最後はキスの強要までする、トンでもない話。

③今でいう「ヒキヲタ」に自分自身をプレゼントしそうになる話。
私はエスパーだから、皆のサンタになれると思うの!
……ということで、自らミニスカサンタ姿になり、皆のプレゼントを
配ろうとする魔美。だが、一人の青年は「君が欲しい」と迫ってきて……。
という話。何かと年上の兄ちゃんに好かれる魔美。

魔美には「高畑くん」という所謂「彼氏ポジション」なキャラがいるのだが
自身の魅力もあって、色々な目に合う。

今でいう「寝取られ要素」が随所に出ていて(勿論、危うくなりそうにはなるが
最後はめでたしめでたしになるので誤解の無いように)

寝取られ属性が、もし僕に有るのなら間違いなくこの作品の所為だ、といえる。

上記は所謂「ゲスト」扱いの男どもだが、準レギュラーにも
「俺は魔美の将来の旦那様だ」とかいって盗撮はするわ、超能力者である
ことを疑いそれを強請ろうとするわ……とんでもない奴もいる。


藤子F不二雄氏は、意外にも思われるかもしれないが、結構グロい話も
書くし、人の「心の闇」も書く漫画家だ。

特にエスパー魔美では男の欲望をむき出しにした登場人物が数多く
登場する。

男性だけではなく、女性も凄い。
隣の家に住む「陰木さん」は普段からネチネチと苦情を言ったり、なんと
「いたずら電話」をヒロイン家に仕掛けたり……ということも。
(但し、この人は改心するが)


小学生が見るには大人過ぎた感がある「エスパー魔美」。
だが、エロだけではなく、人の心の闇を扱った、という意味では、
今の子供に見て貰いたい。

そんな作品である。

[タグ未指定]
[ 2013/04/24 20:03 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。