ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本日の購入物。


410.jpg



まずは某所でも話題になった「文豪ストレイドックス」
ぶっちゃけて言うと、「純文学の作家をイケメン2次元キャラにして異能力バトルもの
にしたら面白いんじゃね?」

というネタを忠実に再現した、アッパレな漫画です(苦笑)

つまりはこういうことですね。


谷崎潤一郎「いくよ……『細雪』ッ!!」
芥川龍之介「開け……『羅生門』!!」


僕の知り合いの文学少女曰く「このネタは皆が一度は考えたネタ」
だそうで。そうだよね、と思いつつも、読んだ感想は
「これは文学少女がツッコミながらブヒる漫画かもなぁ」
と。

兎に角、イケメン達が活躍するので、女性向けかなぁ、と思いました。
元ネタを知っている方が圧倒的に楽しめますし……

※例えば、谷崎には「ナオミ」という妹が居る
(=元ネタは痴人の愛。これまたナオミのモデルは谷崎の妻の妹なんですよね)
※太宰は自殺マニア
(太宰の初登場シーンはいきなり入水自殺からですしね)

基本的には、版権切れた純文学の作家が中心なので、肖像権などに問題は
無い……? のかもしれません。

正義側の太宰の能力「人間・失格」はあらゆる能力を無力化する、という
主人公ポジションな能力。

敵側の芥川の能力「羅生門」は「人も空間すらも」喰らう能力。
熱いですねー。

女性側は与謝野晶子と樋口一葉が出てます。それ以外だと誰が出てくるのかしらん。
後、個人的に考えたのが、ド変態の「田山花袋」。能力名は「蒲団」とか。
(解る人だけ笑ってください)

純文学が好きで、ツッコミを行いたい方は是非、一読を。


2作品目は「ひょうい☆ドン!」
僕の大好きな絵師さん「たかやKi」さんの一般商業誌向け連載作品。
ライトなエッチかな……と思いきゃ、第3話の体操着マニアには
たまらない話など、侮れません。

ナイス、ブルマ!

[タグ未指定]
[ 2013/04/10 20:22 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。