ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヱヴァQに対する盛り上がりを僕自身に照らし合わせてみると。

今日の金曜ロードショーの「6分事前公開」は
「シト新生」を思い出した、往年のファンは多いと思う。
アスカの戦闘シーンなだけに、余計、そう思ったに違いない。

ただ、あの時のアスカが見るに耐えない、痛々しいアスカだったのに対し、
何だか、今日のアスカは余裕が有った。

そして、あまりにも短すぎる6分に、冒頭の「シト新生」を思い出したと
書いたが(本当に、あの後で魂のルフランが流れるかと思ったくらい)

明日に、その続きが見られる喜び。


これが全てだ、と思った。
「Air/まごころを、君に」までは長かったけど、
今度は、一晩寝たら、すぐだ。

そう考えるだけで、ヱヴァも丸くなったなぁ、とか偉そうなことを
考えてしまう。

時には、こんな作品! とバカにしたり。
最高だ! と褒めちぎったり。

なんだかんだ言って「エヴァ」世代な僕は、
明日を、ワクワクドキドキしている。




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q


明日、公開です。

[タグ未指定]
[ 2012/11/17 00:41 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。