ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーソドックスな演出が心地良い! 「スマイルプリキュア」第19話感想。

第19話「パパ、ありがとう! やよいのたからもの」



授業で「自分の名前の由来」を調べることになりました。
やよいちゃんは一人浮かない顔。

(演出は「雨」が印象的です。今回、
全編にわたって「雨が」降っています)

やよいのパパは5歳の時に亡くなっていました。
そして、自分の名前を付けてくれたのは、パパ。

ママに聴くと、「やよい」という名はおじいちゃん達の
反対を押し切ってまでパパ自身が付けたそうです。

どうして「その名前」を付けたのか?
どうやらパパはやよいちゃん自身にその「理由」を教えたそうですが……。

当日。
皆が由来を披露する中で……
やよいちゃんは「自分自身で」辞書を調べて発表するしかありませんでした。

(この日も雨が降っており、やよいの心情を表しています)

パパ自身が亡くなっていることをプリキュアの皆は
知っている上で、明るく振る舞っているのが、良い感じですね。

パパとママとの素敵な思い出をママに聞いてみては?
というみゆきちゃんの提案に、仕事場まで向かう、やよいちゃん。

そこでママは「パパからの大事な宝物を見せてあげる」
と言って、やよいちゃんが父の日に書いた「似顔絵」を渡すのでした。

「そうそう。この似顔絵を私に見せてくれた時、確か……
『パパと、やよいとの秘密が出来たんだ』って嬉しそうに
言っていたわ」


……一体、何が?

だが、その仕事場に、敵が現れます。
変身するプリキュア達。

敵のアカンベーは、やよいちゃんがその昔、似顔絵と共に
パパの為に折った「キツネの折り紙」から作られます。


ママが大事にとってあった、似顔絵と、キツネの折り紙。
今回の敵はそこから生まれるわけですね。

そして、雨の中の死闘。
梅雨入りの季節、ということで季節柄という意味もありますが。
悲痛な戦闘、という意味ではこちらもオーソドックスに感情移入
できますね。



キツネタイプのアカンベー=パパへのプレゼントに、
やよいは反応し、戦うことが出来ません。

「辞めて! パパへ送ったプレゼントで……皆を傷つけないで!」
だが、その戦闘の最中、やよいちゃんは、パパとの思い出を
自分自身で思い出すのでした。





「やよいとパパの結婚式をしようよ!」



……過去。
そこは、教会でした。


「まるで、未来のやよいの結婚式を見ているようだよ」
「えへへ。ママには内緒だよ! わたしと、パパの結婚式」

「やよいは……優しいな」



……やよいって名前はね。生まれたばかりの やよいの顔を
じっと見て、思い浮かんだんだ。

ママの 「ちはる」って名前は、「千」に「春」と書く。
ママは、春のように、優しいだろ?

パパは、やよいに、ママのような優しい女性になって欲しくて

「やよい」っていう、春の名前を付けたんだよ。











やよい1




っよい2














「ごめんね……すぐに思い出せなくて。パパに優しくしてもらったのに。
優しさは、きっと、人から人へとつなげる……愛の表現なんだ!」

立ち向かう、やよいちゃん=キュアピース。
必殺技が、敵アカンベーに炸裂!!

ここの演出が、いつもなら自分の攻撃にびっくりして、泣きながら攻撃を
放つピースですが、今回はわざわざ新規絵で、凛とした表情と、自身の武器の衝撃に
耐える、というバンク絵が追加されております。すばらしいですね。


それだけに、今回のシナリオは素晴らしいのですが、台詞が少し難解な
言い回しが多いので、小さなお子様にはもしかしたら難しいお話だった
のかな、と感じます。ここは、パパやママの出番ですね。




そして、晴れ模様……。やよいちゃんの心も「晴れた」わけですね。

さて、こういう話の場合、不思議な力が働いて

「パパとの思い出を思い出す」
「パパと再会する」

という超常的な力が発動する! というパターンも考えられなくも
ないですが、プリキュアはあくまで「自身の力で」
解決することが(ご都合主義では無く)多いようですね。

パパとの思い出も、やよいちゃん自身の力で思い出しましたしね。
死んだ人は戻らない。
会うことも、話すことも出来ない。

……こういった「当たり前」を、きちんと守ってくれたことに
脱帽ですね。

(といっても、今後の展開で、天国のパパが登場したり、なんて
話があるかもしれませんけど)


余談ですが、やよいちゃんのママは、その昔
「ウエディングピーチ」として戦っていましたからねェ
(おいおい)

先輩戦士として、娘を見守っているわけですな!!


お後が、宜しいようで。

[タグ未指定]
[ 2012/06/11 09:38 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。