ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アオリオ体験版1、れびゅー。

アオリオ応援中!


※はじめに


先輩

由佳
「アオリオ」体験版レビューへようこそ♪ もちろん、以後、
ネタバレ記事になっちゃうから
「別にネタバレされても上等だぜ!」って人や、
体験版をプレイした方だけ、続きを読んでよね。

「おい! よくもこんな酷いネタバレを読ませてくれたなぁ!」って
貴方が思っても、ブログ筆者ならびに私は何ら責任を負いませんので、あしからずっ!





◆そもそも。

個人ブログなどで「僕は友達が少ない」のキャラクターに酷似している、という
ことから美少女ゲーマー以外の方からも注目された本作。

色々な意味で「話題作」となった本作ですから、狙いとしては成功と言えましょう。
残りは「シナリオ、テキスト」面で納得の出来るものに仕上げれば、adlibさんとしては
かなりの販売数が見込めるのでは、と素人的には感じております。

但し、購入層と所謂、個人ブログユーザーがイクォールになるかどうかは甚だ疑問ですが。


もちろん、美少女ゲーマーとしては
前作「ボクラはピアチューレ」で魅せたクオリティの高いサウンドを、今回も
期待していますしね。

処女作としての評価はそれなりだったので、アオリオは2作目にあたりますが
高評価となることをお祈り申し上げます。



◆体験版その1の中身。


ストーリーと、Hシーンの2パターンの体験版が楽しめます。
共に尺は短め。

今後も体験版は「その2」と配布されていく予定ですので、
続きは震えて待て! といったところですね。


◆ストーリー
こちらは非常にテンポが良かったのですが、体験版仕様の可能性も。
余計な説明が無くて好感触だったんですけどね。
間延びがしない、という意味では、続きが気になる作りでした。

病欠の為、入学初日から登校できなかった主人公。
既に友達グループが出来、取り残された感のある中、
一人の美少女(?)が声をかけるわけです。

「良かったら、文化部に入部しない?」

友だちと、淡い恋も期待しつつ、入部したのは、なんと
「演劇部」でした。

学生……とりわけ男の子には無縁で、「やりたくない」No.1な
部活「演劇部」。もちろん、主人公は即「退部します!」
と言うも「この学園は、一度入部したらその学期中は在籍しないと
いけない」という校則が。

個性的な先輩やクラスメイトの説得で、しぶしぶ入部を決めた
主人公でしたが……。

というところで、体験版はおしまい。


感じたのは、各ヒロインのアクの強さ。演劇部、なのだから
納得も出来ますが、いわゆる「ふつーの」女の子がいないなぁ、
といった感じ。

まぁ好きなヒロインが一人でもいれば、プレイしてみては
如何でしょうかね。


先輩

由佳
「ちょっとアンタ! ……そんな説明の仕方は無いんじゃないの?」



そうそう。私の一押しは、このメインヒロインである「松沢由佳」さんですよ。



先輩

由佳
「……タイミング図るねェ。ちょっとズルいんじゃない?」




容姿端麗、成績優秀。おっぱい、とメインヒロインとしての器は完璧。
このゲームの「顔」としてはバッチリですね。
ソフト会社さんとしてもこの「由佳」さん押しのようで、特典物の使用絵柄も
彼女ばかりです。


そして、この「由佳」さんのHシーンが
体験版で収録されています!




◆Hシーン
手コキ→パイズリ→後背位
という流れ。これも尺が短いですね。非常に淡泊な感じです。
是非、製品版ではもう少し丁寧に、濃厚なHシーンを期待したい所ですけどね。



先輩

由佳
「……最低」




とまぁ、最初のHシーンらしい部分なのですが、見た感じ、主人公が受け身で……
といったところ。
自分から、というシーンは有るのかしらん?

そういう意味も含めて、残りのHシーンも期待したい所ですね。



そんな感じで「アオリオ」体験版レビューでした。




先輩

由佳
「最後まで読んでくれて、ありがとーね!」

[タグ未指定]
[ 2012/05/18 09:24 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。