ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ「パパのいうことを聞きなさい!」原作ファンはどう思う?

このブログでもお薦めした
「パパのいうことを聞きなさい!」
ライトノベルが満を持してアニメ化された。
現在、最新は4話。

この4話から見ても十分楽しめるので、
ニコニコ動画での無料期間を利用して、是非楽しんで頂きたい。


53cb2939.jpg
↑朝起きたらこんなハプニング……オトコノコノ夢で御座いますね!


さて、このアニメ版だが、原作と大きく違う内容である。
……と言ってしまうと語弊があるかもしれないが、キャラクターの造型や
大まかな流れは原作通りなのだが、「敢えて」原作が「スルー」した部分を
アニメ版では「丁寧に、かつ濃密に」書いてある。

原作では、少女たちの悲劇部分(親と死別し、主人公の家に来るまで)
はそれ程細かく描かれていなかった。

だが、アニメ版では、少女たちの、主人公の家に来るまでの「幸せな家族の時間」
を濃密に描き、そこで悲劇のどん底まで突き落とす場面を丁寧に書いてある。

これも、敢えて書かせてもらうと、
少女達を「引き取ります!」ということ=男のハーレム願望を満たすため
の「ファクター」に過ぎないので、
作者は濃く描かなかった……というより、書く必要が無かった……
もしかすると「書きたくなかった」のかもしれない。

何故なら媒体が「ライトノベル」だからである。
「ライト」なるものに、ドロドロした場面は不要である。

この「重い」展開は、アニメで何と前半の「3話」まで費やしているのだ。
正直、僕は「冒険だなぁ」と思った。

確かに、少女たちが主人公の元に来るまで。
また、実際に「こうなったらどうなるか?」
を丁寧に描写することは、必要である。

だが、それは我々「大きなお友達」にとっては当たり前のことであり、
「これはフィクションだから許されるんだよね」
と納得の上で見ているのだ。

……だが、ライトノベル本来の読者層である「中学生~高校生」の皆さんに
とっては、有る意味衝撃だったのかもしれないし、また
新鮮な驚きを持ったのではないだろうか。

昨今でいえば「うさぎドロップ」も同内容といえるべき作品であった。
上記のアニメ、または映画を知っている方なら、素直に頭に
入って来たのかもしれないが。


3姉妹はどの女の子も可愛いので、
まだ未見の方は是非。

[タグ未指定]
[ 2012/02/07 18:13 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。