ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイトルロゴの重要性

なんのことか、というと「作品タイトルロゴ」のことです。

昨日「鳥人戦隊ジェットマン」の話をしましたが、
つまり、こういう


じぇと


題字ですね。エンブレムをバックに、こう、「四角」「四角」したロゴです。
(いわゆるゴシック体というやつですね)
立体感もあり、非常に迫力が有ります。

男の子は「かっこいい」ものに憧れます。
だから、タイトルロゴもかっこよくなければいけません。



さて、これはどうでしょう。

たーぼ


これは同じ戦隊シリーズ
「高速戦隊ターボレンジャ―」
のタイトルロゴです。

全体的に「丸く」ないですか?
これは制作側に意図的なものがあって、
このヒーローたちは「車」がモチーフの戦隊達です。
「丸くした」のは、車輪のイメージ、でしょうね。


しかし、当時、小学生だった僕は、素直に
「ダサい」と思いました。そして、なんとこのロゴが理由で
「視聴しない」
と心に決めたのです(笑)


「丸い」イメージは皆さんもご承知の通り「やわらかい」「かわいい」
イメージに使うモノ。安心感は感じられても
「カッコイイ」に結びつくわけがない。


……個人的に、ターボレンジャーは名作だと思います。
ジェットマンで再び「戦隊モノ」に熱を取り戻した僕は
続く「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の「お子様向け還り」
に失望し、過去の作品をレンタルで見ていた時、
「傑作選」としてターボレンジャーを熱心に見てましたからね。


でも、子供は、ひょんなことでも気になってしまうモノ。
例えば「電撃戦隊チェンジマン」は当時5、6歳では有りましたが
全体的に「中の人」がカッコイイ人が多い、戦隊モノだったので
大好きでした。(今で言うイケメン俳優が多かった)
チェンジロボはダサいのに(笑)
でも、チェンジマンのマスクはとってもカッコイイ。
今でも通用しますよ。
そして「聖闘士聖矢」が流行っていたという理由で恐らく
取り入れられた「伝説獣」がカッコ良かった。

今までは「~レッド」という「色」を全面に出していたのですが
チェンジマンは「ドラゴン」「ペガサス」という
架空の伝説獣をモチーフにしたヒーローで、これが子供心に
「キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!」わけですね。

対して、次作「超新星フラッシュマン」は、俳優さんも
前作よりちょっと……だったり、フラッシュマンのコスチュームも……
な感じでした。
(でもロボットであるフラッシュキングはカッコイイのに……
どうも僕はロボよりヒーロー自体が気になるようですね)




オトナは「中身」を見ようとしますが、子供は
もっと大事な「感性」を信じるものなんですね。

製作者側も、このロゴが不評だったのに気付いたのか、
後年のスーパー戦隊シリーズでは
「丸い」特徴のロゴは以降、作られていません。




まるい、といえばやはり少女向けアニメでしょう。
ですが、「美少女戦士セーラームーン」はどうだったか、
覚えてますか?

あれは元々、女の子版戦隊モノですから、タイトルロゴは
所謂「特撮モノ」に近い、カッコイイタイトルロゴが使用されています。

女の子向けでも、カッコイイロゴが使われた頃の作品なわけですね。
現在の「プリキュア」はどうでしょうか……。


ぷりきゅ


「プ」の字体を見て頂ければわかるかと思いますが、
全体的にスタイリッシュな字体に「鋭利」な……つまり「△」を多用
していることがわかります。
スタイリッシュ……大人っぽさや、スマート感が出ます。

字の先端を「丸く」すると、可愛らしい、柔らかくなりますが
先端を「とがらせる」ことで、カッコよさが強調されます。

プリキュアは「スタイリッシュ「大人っぽさ」に加えて
「カッコよさ」も兼ね備えたロゴとなっているわけです。


今のご時世に「セーラームーン」の字体で「プリキュア」
を当てはめると、恐らく、今時の幼児は
「ダサい」となると感じます。














……さて。

ここまで書いてきて、

僕等が好む「美少女ゲーム」のロゴはどうでしょう?
例えば、貴方が思い浮かぶエロゲのタイトルを上げてみて下さい。

その時、ロゴが一緒に出て来たときは、その「ロゴ」に
特徴がある、もしくは成功している、といえます。

僕が、一番優れていると思うエロゲのタイトルロゴは


AIR.jpg



言わずと知れた名作「AIR」のタイトルロゴです。
これはオープニング映像にも印象的に使われていて、
頭に思い浮かぶ方も多いロゴではないでしょうか。

ロゴに有る少女の正体は、エピローグで明らかになり、
これもまた「全て見終えた人にとって」心に残る作品となるための
「パーツの一つ」となっています。

非常に効果的と言えますね。

皆さんも、気になった作品のタイトルロゴを
気にしてみて下さい。

また、違った発見が有ると思いますよ。

[タグ未指定]
[ 2012/01/24 19:48 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。