ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死ぬかと思った ←自分自身にこれが当てはまるとは……

かつて2度ほど、生命の危機に瀕したことが有ります。

ひとつめは、5歳くらいの時。近所の悪ガキと一緒に池に遊びに行って
悪ガキが缶を池の真ん中まで放り投げました。

「取ってこい」

という悪ガキに逆らえなかった僕は、渋々泳いで……あれ、僕は泳げない?

……となり、溺れる羽目に。そこで、その場にいた友達に助けられなんとか
池から脱出。

当時、泳げなかったことと。
そして、足がつかないことの恐怖。

もう大分前の記憶ですが、鮮明にあの泥の色は覚えています。




2つめは、川。(また水難!)
大学時代に、川で遊んでいたら、みるみるうちに流され、あわや谷底に転落……
までのレベルまで流されそうに。地元の方が善意で張ってあったロープに
なんとかしがみつき、体力が戻った所で、全力で泳ぎ、脱出しました。




一つ目も、二つ目も、自分自身の力では無く、第3者の助けがあり、それで
こうして今日まで生きてこられました。



……ですが、今回の「死ぬかと思った」はまさに「自分の命は自分自身で助ける」
シチュエーションでした。


昨日の帰りの私用車で。
飲酒運転? らしき車が、
何と、逆走して、こっちに突っ込んできました。




幸い、二車線だったこと。追い越し車線で走っていた僕の車と、
後続の車、および隣接の車線で走っている車との距離がかなりあった事で、
躊躇なく、進路変更を行えたことが幸いでした。


ですが、どの条件もくるっていたら、もしかしたら……。

そう考えると、またひとつ、神様に「生かされてしまった」のかなぁ、と
思いました。

元々、5歳でもしかしたら死んでいたかも……。
そう思ったら、ここまで生きる機会を与えて下さった
「幸運の女神」に感謝、ですかね。


皆さんも「うわっ、危ない!」みたいな経験、ありますか?













>二東さん
やはり二東さんも数々の体験をされているようで……(苦笑)
本当、人生、何が有るかわからないものです。
「今日、生きているというしあわせ」
を噛み締める為にも、これからもお互い、人生を楽しんでいきましょうね。



>衿宮さん
衿宮さんにも、やはりそういう経験が有るんですね。
それにしても山ですか……。自然の驚異といいますか、
普段、人工的なモノに囲まれてると、どうしても安心してしまって
(僕の場合、川がそうでした)……いやぁ、凄いもんです。

[タグ未指定]
[ 2011/10/09 11:03 ] ぼやき | TB(0) | CM(2)
おおう、ご無事で何よりです><;
自分も小学生の頃、調子に乗って山を下っていると足をすべらせて、崖から落ちそうになったことがありましたね。
人生どんなときも慎重に行動しないといけないのかもしれません…
[ 2011/10/09 11:10 ] [ 編集 ]
ご無事で何より!
今回の内容を聞いて(拝読して)、まずは一安心している自分がいます。

そうですねぇ……「死ぬかと思ったこと」。
ご存知だと思いますが、2002年に交通事故に遭ったこと。
これが一番、大きな死にそうになったことですが……。

● マウンテンバイクで下山中、タイヤがバーストして……坂道を転がり落ちた

● 勤務中、走って自分の車に戻ろうとしたら、撥ねられた

● 地面からプラットホーム(トラックから積み場へ戻る際の段差です)に上がろうとしたら、重いモノが落ちて気絶した

● 花火の帰り道、青信号を渡ろうとした際に横手の赤信号から……飲酒運転らしき若いドライバーが突っ込んできた

他にもいくつかあるのですが……。
当方の会社で私ほど、労災を経験した人間は居ないそうです(苦笑)。

上司から……「頼むから、これ以上! ……事故に遭ってくれるな」と♪

半ば本気で心配されている私こと、二東です。


改めまして。
ご無事でなによりです。


では、また。
明日……というか本日10月11日。
お互いにとって、より良い一日でありますように。
[ 2011/10/11 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。