ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜長月の季節に君を想うということ

手紙が届いた。

「私は明日、自ら命を絶とうと思います。止めても無駄で御座います。
ですが、最後に、一度だけ、貴方に会いたいのです。はつこいの人である
貴方に」

僕はおじいさんに外出の許可を貰うために別室へ移動する。
案の定、おじいさんは難色を示した。

「こんなにも、想ってくれる人がいる。ほら、手紙だって」

手紙を握りしめ、僕はおじいさんに何度も「行かせてくれ、行かせてくれ」
と詰め寄るが、許してくれない。……なんて頑固なじいさんなんだ。

僕は、一大決心をした。手紙の日付は9月20日とある。
……明日じゃないか。行かなくちゃ。

でも、手紙に書いてある名前を見ても、思い出せない。
知らない女の子からの便りなのだろうか?

だとしても。僕をこんなに慕っているんだ。
行かなくっちゃ。

場所は……この街で一番大きい、桜の木だった。
















翌日、ある老人が病室を抜け出し、桜の木で倒れていたとのニュースが流れた。
発見された際、老人は既に息絶えていた模様。

手には、40年前に自身に届いていたという「恋文」を握り締めていたという。
担当医師の話によると「なんども止めたのだが、病室を抜け出してしまった」
とのこと。


老人の、顔は、
穏やかな笑みを浮かべていた、という。



【了】












甚だ簡単では御座いましたが、今日は「叙述トリック」なるものを
考えて超ショートショートで書いてみました。


「叙述トリック」って何ぞや?
小説を読まれる方ならご存知でしょうが、いわゆる


「文章上の仕掛けによって読者のミスリードを誘う手法」

のことです。

今回は「ボク」という一人称を用いたり、おじいさん、と
他人を呼ばせたり、さらに口調をどこか「子供っぽく」書いて
見ましたが、実は、この話の主人公は子供ではなく、
老人だった、というトリック。


おじいさんに許可、と有りますが、これはおじいさん=担当医師に
外出許可を貰う為、なわけですね。

書いた側は騙すつもり満々なんですけど、実際読んでみると、事実を
書いているだけ、読者が思い込みをしただけですよね? という手法です。
あー汚い。汚いですな(笑)

先入観を利用した叙述トリックはいろいろあります。

まず、登場人物が日本語をしゃべるけども……全員が実は外国人だったり。
「タロウ」という登場人物が、実は「犬」なので、「ここは誰一人通っていませんよ」
と言うトリックが有ったり「確かに「一人」は通っていないけど「一匹」は通っている」
俺、と言わせて実は女性。場所が多岐に渡っている……と思わせといて、
実は映画の撮影所だった、とか。


大切なのは、途中でバレると面白くないこと。
徐々に違和感を持たせ「まさか、これ叙述トリック?」と読者に提示させるのが
上手い方法ですよね。憧れます。

実は、エロゲでも叙述トリックを用いた作品が幾つか有ります。
それを探してみるのも面白いかも知れませんね。


[タグ未指定]
[ 2011/09/19 21:51 ] ショート・ショート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。