ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う

このタイトルはなに? と言いますと、なんと
「ウルトラマンレオ」というウルトラマンシリーズのひとつ。それの
いわゆる「キャッチコピー」です。

子供向け番組でこのキャッチコピーは凄いですよね。

前作は、
数多くいるウルトラマン達でも有名な
「ウルトラマンタロウ」でした。

ここで、製作者側はお祭り企画をすべて使い切ったのです。
今でいうところの「仮面ライダーディケイド」「海賊戦隊ゴーカイジャー」
と言った所でしょうか。

ウルトラ兄弟勢揃い。ウルトラの父、母の実子。最強の戦士……という
これ以上ない設定。第2期ウルトラシリーズで唯一の「延長強化案」が
作られなかった(簡単に言うと、視聴率や人気不振によるテコ入れですね)
作品が「ウルトラマンタロウ」でした。


そんな後の作品でしたから、数々のプレッシャーが有り
「まったく同じ作品は作れない」と感じたのでしょう。

レオは「異色の作品」と位置付けされています。


前半は「特訓編」と呼ばれるもの。

今までのウルトラ戦士は初めからある程度完成されたヒーローでした。
何しろ「宇宙警備隊」という組織で働いている、プロの戦士達、
という設定が有るくらいですから。

「タロウ」は気色が違いますが(TVシリーズと映画で解釈が異なる)
第1話にて登場した、怪獣よりも強い「超獣」より強い「宇宙大怪獣」(ややこしい)
を一撃で倒したり、他のウルトラ兄弟が適わなかった怪獣を倒したりと
「最強の戦士」がウリでした。

レオは打って変って「最弱の戦士」として視聴者の目の前に現れます。
プロの戦士では無く、宇宙人によって故郷を滅ぼされ、地球に難民してきた
王子様でいらっしゃいます。戦いに関しては、素人さんです。

光線技、という高度な武器は当初持っておらず、決め技はキック技のみ。
そんなレオを、時には激しく、時には冷たく指導するのが、ウルトラセブン。

「じゃセブンが代わりに地球の平和を守れば良いんじゃね」

と思うかもしれませんが、第1話にて、怪獣にこてんぱんにやられ変身が
出来なくなってしまっています。

今は地球の警備隊「MAC」の隊長として、主人公と共に戦う立場なんですね。


この「修行編」が凄く怖い。ジープで追いかけまわしたり、滝の水を切れぇ!
などなど。 過酷な特訓には訳が有ります。
この地球を守れるのは「レオ」しかいないからですね。

でも、彼は戦士としてはまだまだ。
当然ですよね。言ってみれば、素人さんが地球防衛するようなものですから。

だから、ここまでする必要があった。


修行編を経て、視聴者から「特訓シーンが怖い」という苦情? を受け、
路線変更。中盤は、これまでのウルトラマンシリーズに見られた
「おとぎ話シリーズ」「夏の怪奇シリーズ」とかいう路線に。
ウルトラ兄弟の客演も出てきましたが、この路線で終わる……と
思いきや、当初の路線であった、まさに


生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う


話が、終盤より始まります。名付けて「恐怖の円盤生物シリーズ」
なんと、ここで主人公の所属する防衛組織が全滅します。

分かり易く言うと、レギュラーメンバーのうち、主人公を除いて
全員死亡
するわけですね。

ドラえもんで言うなら、スペアポケットを残してドラえもん、しずかちゃん
スネ夫、ジャイアンが登場しなくなるわけです。
のび太一人を残して!!

そして、のび太はスペアポケットを握り締めたまま、まったくこれまで
出てこなかった家庭に下宿することになるわけですね。
「ドラえもんがいなくなっても……僕が頑張らないといけないんだ!」
という感じです。


また、ウルトラセブンも死亡してしまいます。
(実は生きていましたが……それはレオ終了後の話)
よって、アドバイスをしてくれるウルトラヒーローも居ません。
まさに「孤独のヒーロー」。

また、この円盤生物シリーズは作風がひじょーにアダルティック。
様々な人間の醜い部分をこれでもかこれでもかと描写してくれます。

この頃「ウルトラマンの新作はもう作らない」と決まっていた為、
スタッフ一同、全ての力を出し切り、素晴らしいモノを作ろう!
という気迫の感じられる作品だったと思います。

※「ウルトラマンレオ、今までご苦労様だったなぁ~!!」
と言いながらレオを氷漬けにした上にバラバラにしてしまった
円盤生物ブニョ。この台詞はウルトラシリーズ終了に対しての意味も含まれていたり。





前作「タロウ」メインライターであった田口成光氏は、最終回で
少年に自身の正体を明かし、
「ウルトラマンは、一人の人間として生きて行く」
と告げ、最後の戦いに挑む。
……このシチュエーションを描いています。

そして、トドメをさすのはウルトラマンでは無く「人間」でした。
ウルトラマンの力に頼らず、一人の人間として生きて行く。


「人は、誰でも光になることが出来るんだ」
という「ウルトラマンティガ」と解釈は異なりますが、これは
製作者側が子供の頃に「ウルトラマン」を体験した世代の作品であり、
「ウルトラマン」=「光」という、我々の希望が具現化された……
そういった存在ですので、第3期世代やティガ世代からすると、
少し「?」となってしまうかもしれませんね。


初代ウルトラマン~ウルトラマン80はどちらかというと
最終回は「この地球は、我々、人間の手で守らなくてはいけない」
で〆られることが殆どでした。








オトナになって「ウルトラマンレオ」を再視聴し、その優れたドラマ性を
知っているだけに異色作、と位置付けるのは如何なモノかなぁと思いましたし
何より「レオ世代」が社会の中心で働いている現在、レオは再評価されています。




「ディケイド」後番組「仮面ライダーダブル」は先人の貴重な経験から
大きく路線変更は行わず、寧ろ大人気作となりました。
「ゴーカイジャー」の後の新戦隊も頑張ってほしいモノですけどね。


今日、久しぶりに「円盤生物編」を見て、ついつい熱くなって
書いてみました。

では、この辺で。

[タグ未指定]
[ 2011/09/15 21:42 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。