ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未来ノスタルジア・シナリオ別感想その4 「春日 伊織」シナリオ

【未来ノスタルジア:キャラ別感想編】


これより、春日 伊織シナリオ
のネタバレ感想に入ります。
ネタバレ上等!!ガンガンいこうぜ!
という方は、是非このままお読みくださいませー。


























【未来ノスタルジア】応援バナー




ゆっくりと読み進めて行ったら、他のルートよりも時間のかかった伊織ルート。
蓋を開けてみれば、
エロゲーの重要度で言ったら一番である「エロさ」を尤も味わえたルートであり、
また、今までのルートよりもよりシリアスに、よりクライマックスに近づいた
シナリオでありました。

イチャラブを期待していた方にはがっかりだったかもしれませんが、
個人的には伊織シナリオ、一番好きです。






さて。
唯一の「最初は好感度最悪のキャラ」なのかなぁ、と思っていたら
まさかの「幼い時にお互いに会っていた」というエロゲ的展開。

ん?

ちょっと待ってくださいよ。
工藤姉妹も、詩も、昔からずっと陽一のことが好きだったわけですよね。

で、結局、伊織も幼い時、入院していて唯一話し相手だった陽一のことが、
その頃から好きだったということで……。


攻略キャラが全員、ゲーム本編前からフラグが立っていたという事実。


しかも、サブキャラの皆様も好感度は高いですし。
どこまでモテれば気が済むんだ! 陽一ぃぃぃ!!
いやはや、メーカーがメーカーなら、確実にハーレムルートが可能な
主人公でいらっしゃる。(負のオーラを滾らせながら)



さて。伊織シナリオですが、今までのシナリオと違い、「能力」についての描写が
バンバン出てきます。そして、杏奈はやはり詩への接し方と違って、結構厳しく
接してきますね。

「初恋サクラメント」ヒカリルートでも有ったんですけど、
「俺たちには時間がたっぷりあるから……」なんて、有る意味
「良くない方向に進むフラグ」臭がバンバンと出てきますが、
案の定、という展開が待っていました。

杏奈の口から語られる「未来の陽一は、貴方のことを一番大事に想っていた」
とあることから、どうやら杏奈は、「伊織ルート」後の時間軸から来たようです。
但し、それは「伊織BADエンド」ともいうべき結末、ということ。



力の暴走が始まり、伊織は自分自身を制御できなくなります。
やがて、それは、詩、自分自身の母を傷つけてしまう。
ショックで、伊織は「幼児退行」になります。
(ここら辺のシリアス展開、ダメだった人も居るのではないでしょうか。
重く受け止めなければ、これはこれで萌える展開だと思えば)


杏奈が見せた、未来。

ーー 暴発する力。守ろうとした陽一は何とか命を取り留めますが、
最愛の人、春日伊織はそれが原因で命を落とすのでした。

憔悴しきった陽一は、ボロボロの身体を引きずりながら、悪い思い出となった
この街を去る。

……これが、「杏奈の居た」未来のようです。




伊織ルートからスムーズに「杏奈ルート」に行くのが、どうやら正解のようですね。
最終シナリオに、今からワクワクが止まりませんね。

杏奈の正体は?
未来の陽一たちは如何に?

「未来ノスタルジア」最終シナリオ「杏奈編」攻略を持って、
次回で、このブログ感想も最後になりそうです。



番外編:1
~こだわりのHシーンとか~

体操服Hキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!と思ったらまさかの中断ですよ。
しかも、犯人はヒナですよ。

シナリオでも不遇だったのに
こんな憎まれる役までやってしまうのかっ……

シナリオ様はヒナに恨みでもあるんですかぁぁっ!!(血の涙)


取り敢えず、ヒナの妨害で、体操服Hは幻と消えました、しくしく。。。


しかし、それ以外のHシーンは迫力と、伊織のおっぱいにやられました。
何というか、良い意味で下品……んー言い方が悪いですけどね。
でも、下品なんだけど……それは凄くえっちぃな意味で、という解釈で
お願いします。克氏の描くおっぱいは、やっぱりえっちぃんですよ。

そして、そのおっぱいをさわる「手」の描写が、これまたえっちぃ。

変幻自在に動く(笑)おっぱいも良かったですね。
Hシーンへのこだわりについて、まさかここまでパープル作品で語れる日が
来ようとは。……これも、克氏有っての「Hシーン」だったのではないでしょうか。


番外編:2 
伊織のお薦め名言集 ~台詞の直前にセーブデータを作って
麗しの井村屋ほのか様ボイスで癒されちゃおう企画




4月12日(月)(以下、ゲーム内日付)

「ねー、陽一くーん」(甘えた声で)

「え……」(選択肢で食事に誘われた時に断ると、少し悲しそうな声で)



4月13日(火)

「どうしてあなたは、体操着フェチになったんですか」(蔑むような視線で)


4月23日(金)

「キモっ」(かなたを「かなたん」と呼んでいた陽一に対して)

「ブルマならあげませんよ」(体育の時間、陽一に一言)


4月26日(月)

「巫女だとか、巨乳だとか、くびれた腰だとかはどうでもいいんです」
(誰も腰のことはいってない……な一言)



伊織「陽一君。胸なら少し触ってもセーフにしてあげます」
陽一「……」
伊織「はっ? 陽一君の目がすわっています?!」
陽一「伊織……お前は俺を本気にさせた」

陽一「行くぞ、伊織! お前の胸は、俺がいただく!」


(超能力対決で張り合いの無い陽一に対して、一言)


恋人になる前の、やけに攻撃的な伊織のシーンばかりになってしまいました(笑)
別に、ブログ筆者がM属性……というわけではない……はずです、はい。

[タグ未指定]
[ 2011/09/11 03:34 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。