ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未来ノスタルジア・シナリオ別感想その2 「工藤 野乃」シナリオ

【未来ノスタルジア:キャラ別感想編】


これより、工藤野乃シナリオ
のネタバレ感想に入ります。
ネタバレ上等!!ガンガンいこうぜ!
という方は、是非このままお読みくださいませー。


























【未来ノスタルジア】応援バナー


さて。話の内容に入る前に。
正直、野乃ちゃんには、何ら性的興奮を覚えないブログ筆者。

富野御大でいうところの


「この子の お○んこなめたいと思わないのよ!」


的な感じ。
いや、キャラデザ……悪いとは言いません。ですが、
克氏の拘りあふれるおっぱいに対し、siki氏の描くおっぱいは、どう見ても
シリコンの入った嘘のおっぱいにしか見えないわけでして。

そして、ヒナルートで活躍した、かなたというサブキャラへのスポットライトが
ノノルートでは、伊織の母「ハル」さんに受け継がれています。


【未来ノスタルジア】応援バナー


サービスシーンなんて生易しいもんじゃねぇ!!
と鼻息荒く言えるほど、見事なおっぱいを、入浴シーンで
堪能することが出来ました。やはり、克氏の描くおっぱいは普通の
おっぱいじゃ……ねぇ……ぜぇ……ハアハア……。


と、いうことで。
ノノちゃんには悪いのですが、
最後の最後まで、「この女の子とムフフな関係になりたい」という
感情は出てきませんでした。かわいらしいのだけれど、女として
見ることが出来ない。

エロゲーとしては致命的では有りますが、前回のヒナちゃんシナリオがあまりに
お粗末だったのに対し、こちらは手堅く、楽しめるシナリオでした。

話のトリガーは幼い頃起きた、両親の交通事故。
そして、ヒナちゃんシナリオでは無かった、双子の姉妹だからこそ
湧き上がる嫉妬の感情。お互い、同じ人を好きになった。
当然起きるであろう事象をきちんと見せてくれたことに評価です。

こちらは地の文もきちんと出来ていたので、読みやすかったですね。
先に、ヒナちゃんルートをプレイしていて正解でしたね……。
でも、ヒナちゃんルートで「もう遊ばない!」と投げ出した人も
いると思うので、是非ここは我慢して頂いて、ノノちゃんシナリオを
プレイしてみてください。

禁断のスキップも、このシナリオでは使いませんでした。
主人公のノリが全然違う。ここら辺は共通ルートの陽一君が
帰ってきた感じ
ですね。

上記の通り、ここではヒナが「女としての業」を出してくれたお陰で
(損な役回りですが)主人公が、自分の想いをノノに伝えることとなります。

この展開は正直、ヒナちゃんファンには割を食った形となりましたが
本来、ヒナちゃんの名誉挽回が自身のルートで行われるはずなのに
肝心のヒナルートのシナリオがあの出来なので……
ヒナは愛されないキャラなのでしょうかね(涙)

そして、交通事故の真相……と、主人公の「能力」が消えた原因が、
彼女たちのもつ「能力殺し」なる特殊な力の持ち主だった……という
展開は熱くなりつつも、それほど突っ込んだ話にはならず、クライマックスシーンも
肩透かしな感じでした。

ですが、この物語の軸である「未来を変える」「超能力」というテーマには
きちんと対応していました。んー。ますますヒナが不憫ですねぇ。
(ちなみに、ヒナは能力殺しでは無い所か、能力とかの設定が活かされないまま
終わってしまいましたしね)

野乃の足が動かなくなる……という未来を知っている杏奈でしたが、
この時間軸なら、きっと陽一は助けられるだろう……と信じて
未来? に帰った杏奈も、なかなかにカッコ良かったです。

未来視の出来る伊織の見せ場もあって、なかなか良作なシナリオだったのでは
ないでしょうか。

[タグ未指定]
[ 2011/09/06 16:12 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。