ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまにはアダルトコミックでもレビューしてみる。

いわゆるえっちぃな漫画です。



たかやki




たかやkiさん初単行本「恋糸記念日」、というコミック。
※もちろん、成年コミックなので18歳未満の方はご購入できません!
ご注意くださいね。


昔はよく「パッケージに騙された!」といった「成年コミックパケ被害」なる現象が
見られましたが(苦笑)最近は単行本化のサイクルも早くなったのか、そういう
心配は少なくなっています。

作者の画力向上が目まぐるしいと、そういった悲しい惨状になることが多かった、
あの暗黒の時代……。
いやぁ、良い時代になったものですね。


それに、同人専門店では「見本」陳列もしていますから、不安な方は是非、
サンプルを確認してみて、購入をお決めになられては如何でしょうか。

同人誌も、基本は中身を確認して、購入するものですからね。

さて、たかやkiさんといえば、私の知る古い印象で言うとOS娘の
擬人化同人誌の頃から「困らせた表情を書かせたら右に出る人はいない!」
と思うほど可愛らしく、そして小動物的な女の子を描くのが上手な方だなぁ、
という印象。

そして同人では結構、女の子に酷いことをさせちゃってますが、その
酷い仕打ちに対して、目に涙を浮かべながらも、必死に奉仕する……
といったこちらのS属性を満たしてくれる、そんな作家さんかな、と
思ってました。

昨今ではアイマスのあずささんの同人誌を多く書かれていて、
年上のお姉さんの魅力あふれる描写も素敵な感じでした。
(近年のあずささんの作品をまとめた同人誌も、発表されています)

そして、ライトノベル「踊る星降るレネシクル」
の挿絵を手掛けております。こちらも人気シリーズですので、この小説から
たかやkiさんを知った、という方も多いと思われますね。
(それだけに、中高生のファンの方々はさぞかし辛い思いをされていると思います。。。)
今後の活躍が期待される、素敵なイラストレーターさんですね。


さてさて。今回の単行本の中身に移りましょう。
絵柄はどちらかというと「幼い顔」が大半なのですが、作者の好みなのか、
胸の大きな女性が多く、またお姉さん系が多いので、そういったギャップ萌えの
方にはお薦めです。(逆に、綺麗なお姉さん……を求めている方には合わないのかも
しれません。表紙のイラストのタッチで判断して頂ければ、と思います)

本誌連載時にはカラー4P、といった超短編もの(つまり、グラビア系ですね)
が多かったのですが、それをカラーのまま収録されていることが、
特筆すべき事項のひとつですね。

良い意味で言えば、そういう短編が網羅されているので、色々な女の子のお話が
載っているのでお得と言えます。
……悪い意味で言えば、限られた枚数しかないので、ストーリー性は皆無。また
ねちっこい描写も少なく、あっさり系の話が多いです。

そこで、本作の柱ともいえるのが、連載されていた作品「むすんでひらいて」
という全4話のお話。
ヒロインは表紙にもなっている女の子「香奈子」さん。
彼女とのHシーン描写が単行本の多くを占めていますので、
表紙にビビッと来た人は、問答無用でレジに進んでください。

問題ございませんので。


ちなみに、主人公の住むアパートの管理人さん。5歳上の女性だけど、そんな風には
全く見えません。極めつけは 
「学生の頃着ていた制服でH」 「ウエディングドレスでH」
という、コスプレHもバッチリこなして頂いております。
たかやki氏にぃ、敬礼ぇぇいっっ!!(ビシィィィッ!!)
こういった連載系にもなると、ストーリー重視に走りがちで、そういったえっちぃな描写が
少なくなりがちですが、たかやKiさんはそこら辺は軽く流して、Hシーンに比重を
置かれている感じですね。

カラーペーシが多く、またどのお話も外れ無し! これでお値段は税込1,050円
と来たもんだ! さぁさぁ、どうでぇ! こいつは買わないと損だよぉ!

……というのは冗談ですが。
兎に角、普段あまりこういった系のコミックは買わない私ですが、
発売される、と決まった頃から

        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    「早く発売日になぁ~れ」
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚


と思っていたくらいですので、是非、一度、サンプルでも良いので
お手にとって、確認して頂きたいですね。

そんなこんなで、
たかやKiさん初単行本「恋糸記念日」の感想でした。



















>紅 紅さん
「少女×少女×少女」調べてみました。
美少女達がこんなにも同じ画面でいらっしゃると……
なんというか桃源郷ですね!

ちなみに「たかやki」さんの単行本ですが。
一番好みの女性は「閉店はドキドキのはじまり」の店員さん♪

[タグ未指定]
[ 2011/08/18 02:03 ] ぼくらのアニメ | TB(1) | CM(1)
>問題ございませんので。
確かに賛同(w

あはは、こんな所にお仲魔を発見。
自分も夏コミ帰りにとらの穴で買ってきましたヽ(´ー`)ノ
この本に収録されてる「それぞれの卒業体験」から
コーソリチェックしてました(w

やっとこの単行本化ですね~。
えろ可愛い娘さんたちが……ホントめでたい!

個人的には、あんなサンタさんが我が家にも
プレゼントを届けて欲しいものでデス。

ちなみに、そちらも冊子付いてたみたいですね?
安奈ちゃんVer? とらは由梨恵お母……姉様でしたね。
そうそう、ちなみに裏表紙明けると……。
[ 2011/08/18 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
恋糸記念日 レビュー
著者にとっては初のコミックスというで、メガストアに掲載された作品がまとめて収録されています。収録されている中でもっとも古い作品が2007年という事もあり、最近のものと比べる ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。