ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「僕の妹は漢字が読める」レビュー

今回のレビューは「ライトノベル」です。
我々の世代だと「スレイヤーズ」「フォーチュンクエスト」ですけど
今や2次元愛好家にとっては切っても切れないほどの盛況ぶりです。
(昔は、どちらかというと、ライトノベル派は少数派でした)

さてさて。膨大な量で刊行されている為に、まぁ、質の上下は
存在してます。たかがライトノベル、と考えるなかれ。
本当に面白いモノは、純文学だ、なんだ、なんて分け方を
飛び越えるモンです。



さて、以前このブログでも紹介した
僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)
(2011/06/30)
かじいたかし

商品詳細を見る



ですが、ようやく(今頃かい!)読み終えたので、感想など。


ご注意!!!  以下、ネタバレです!!!

































2chやツイッターで話題になったのは
「試し読み部分」ですが、
この作品、一番の押しポイントがその「試し読み部分」でした。
まさに「掴み勝ち」な作品でしたね。

中盤、少しだれる部分も有り、一度、中断したのですが、
その後は一気に読むことが出来ました。

ヒロインは……一応、現時点で3+1の4人(?)
ということになります(おじいちゃん含む)が、
1巻の段階で、メインヒロインであろう、義理の妹
クロハちゃんの魅力がまだまだ引き出せていない感じ。
でも、それを言ったら他の女の子も所謂「テンプレ」な
描写なので、イマイチなんですけどね。

その点、主人公は好感が持てるかもしれません。
我々と価値観の違う時代の少年なので、
平気で「萌え」について熱く語ったり、パンツ、パンツと
人前で連呼することも躊躇しないその潔さは「アッパレ」と言えましょう。

まぁ、未来の日本では萌え文学は「正統派」文学として認知されているから
今の我々が開き直って……ということと混同しては危険なんですけどね。

ストーリーは当初の予想を斜め上に裏切り(笑)SFモノ……というよりは
タイムスリップモノ。しかも和性(ドラえもんチック)テイストあふれる
展開で、安心して、次回も購入決定! で御座いますね。

暑い日が続きますが、是非、涼しいところで読んで頂きたい1冊でした。

[タグ未指定]
[ 2011/07/11 19:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。