ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

所長! 頑張ってください!

例の話題のことです。

現場の責任者、というお立場でありながら、独断で下した件については、
本当に「凄いなぁ」と思ってしまうんですよね。

食い違いの発言により、東京電力に対する不信感はつのるばかりですが……
それは、我々で言うところの「本社」=「本店」と各現場の相違。
「現場でしかわからないことが有るんだ」と気概たっぷりに話すこの所長に、
私は素直に感嘆しましたね。

抗議の意味も込めてサングラスでマスコミの前に現れたり、
部下に「これ以上この場に居たら、被ばくしてしまう! 早く戻るんだ!」と
叱咤したり、本店の無茶な作業工程表に
「部下を被ばくさせたいのか、貴方たちは……」と憤慨してみせたり。
TV会議でも本店の無茶な要望に「やっとれんわ!」と叫んでみたり。


これって、現場の「大将」ならではの発言だったりするんですけど、
こういう兄貴的な上司は、現場の上司としては優秀ですよね。

まぁワンマンなところもありそうですけど……。

特に、若手に慕われているそうです。体育会系のノリですよね。

「本店に楯突く生意気な奴」
と思われているそうですが、こういった方が居たからこそ
「注水は中断されなかった」わけです。
もし自分だったら……上の命令に従って、中断したかもしれない。
そう思うんですよね。

そして、彼は今も戦っています。現在進行形で。
それなのに「処分を検討している」とか……
本当に、上は何もわかっていない!!

あくまで記事を読んでの解釈ですし、詳細の所はわかりません。
「それでも今の今まで黙っていたことはオカシイだろう」
「隠ぺいしようとしていたことについては擁護できない」
という意見も、なるほど、その通りでしょう。

ですが、英断をやってのけた。
所長の勇気ある決断が有ったことは、記憶に留めておかなくては
いけないような気がします。

[タグ未指定]
[ 2011/05/28 20:56 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。