ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリティでキュアキュアなんだぜ。

以前にも書きましたが、CURE GIRL、ようやく手元に届きました。

cc1.jpg


珈琲貴族氏の美しいCGにウットリです。
それは同梱物のイラスト集「イチズニミライ」でも見て取れます。
思わず萌え豚になって「ブヒブヒ」言いたくなる出来ですね。

但し、純愛を求めているユーザーの方には注意が必要です。。。



以下、ネタバレ注意!! (未プレイなのに私は知ってしまいましたが。。。)

































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














前作「フリフレ」では「援助交際」がテーマという事も有り、純愛ルートの他にも
凌辱ルート、主人公以外の男性に襲われるルート、というものが存在していました。

今回のCURE GIRLにも、BAD ENDとして、強姦シーンや、ヒロインの実父による
強姦未遂シーンが存在するそうです。(一部のみ)

こうした描写に嫌悪感を抱かれる方は、購入を検討されるのも宜しいかと思います。
但し、前にも書きましたが、個人的な感想として珈琲貴族氏の持ち味は
「女の子の愁いを帯びた表情」なんですよね。

ちょっと困った表情とか、寂しげな表情に「萌え」を感じてしまうのデス。

さて、そんなこんなでプレイはこれからなんですけど、
じっくり味わいつくしちゃうぞ♪ と思ってます。

[タグ未指定]
[ 2011/05/21 10:57 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。