ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まだ語っていなかった「ゴウカイジャー」

以前も話した通り、私はアニメファンになる前から特撮ファンでもあります。
所謂、ヲタクカテゴリーで言うところの

特撮 アニメ エロゲ の3つを

嗜んでいる変態紳士といえましょう。


年代的に「特撮・冬の時代」と呼ばれる80年代を幼少期として過ごした世代ですので
アニメファンは多いのですが、特撮ファンは少ないのかなぁ、と思います。
「ウルトラマンティガ」「仮面ライダークウガ」という良質の作品が世に出るのは
私の世代よりも後。

そんな自分ですが、最初にハマったのは以前にも書いたように「ウルトラマン」。
既にウルトラ兄弟の設定が有り「ウルトラマン物語」が上映され、
「ウルトラマンタロウが一番強い」という刷り込みがされている世代です。
(後になって兄弟に助けられてばかりいる末っ子、なんてイメージは微塵もなく)

そして、我らが「スーパー戦隊」でした。
最初に見たのが「大戦隊ゴーグルV」。レッド、ブルー、イエロー……
「この子はなんて賢いの?! 英語がスラスラ言えるなんて」
と母は感心していた、と言っていましたが、子供が怪獣の名前を暗記するように
「ヒーローの名前」として「赤」「青」などの英語を偶然覚えてただげに過ぎず……
出来の悪い子供に育ったもんだと、今更ながら母に申し訳ないと思う今日この頃(苦笑)

そんなスーパー戦隊も35周年だそうです。
これを記念して「過去の作品のヒーローを登場させる」というお祭り企画が、
今やっている「海賊戦隊ゴーカイジャー」というわけですね。

お祭り作品の醍醐味は「自分だけのmyベスト戦隊」が有る、という事。
自分の幼年期に活躍したヒーローが何時出るのかな? というドキドキ感が
味わえるんです。

男の子なら、一度は見たはずの「スーパー戦隊」。
最初で最後? のお祭り企画。是非、一緒に楽しみましょう♪

[タグ未指定]
[ 2011/04/17 09:36 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。