ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スパロボ祭&無敵超人、30数年の時を経て復活!

今日はコンシュマーゲームの発売日。
「プロ野球スピリッツ2011」がPS3、PSP、3DSで発売ですね。
そして「ペルソナ2罪×罰」PSP版も発売。
賑やかだなぁ、と思いつつ、

僕の本命はもちろん、




zannbo3.jpg







第二次スーパーロボット大戦Z

で御座います! (写真はスペシャルZⅡ-BOX版)
待ちに待った、最新作ですが、今回は参戦作品が兎に角凄い。
そして戦闘BGMも、オープニングを多用していて
とっても嬉しい限り。「ダイガード」はもちろん、
「路地裏の少年」が流れます! 感動ですねー。
昔を思い出します。

真マジンガ―Zは、以前ここで書いた通り、未視聴なのですが
いやはや面白そうじゃないですか。石丸氏ボイスじゃない甲児クンなんて!
と思っていたけど、さわやかイケメンボイスな甲児クン……。
嫌いじゃないぜ!!

現在、五話まで攻略中です♪

そして、写真左に映っているのは


「無敵超人ザンボット3・コミカライズ復刻版」

です。このアニメが放映された年は
「昭和52年」。このワタクシですらまだ生まれていないこの年に、
こんな凄いアニメが放映されていたんですね……。

「機動戦士ガンダム」の原点ともいうべき「リアルロボットアニメ」
第1作とも言われています。

道路交通法に問われるロボット。
主人公達スーパーロボが日本に居るから、敵は日本を襲ってくる。
だからお前らは出ていけ……という逆転の発想。
そして、繰り返される悲劇と、壮絶な敵との死闘は、
主人公の友人、恋人をも死に至らしめます。
更に、主人公サイドの味方は最終回でほぼ戦死。
マスコットキャラの愛犬まで爆死するわ、合体メカの各担当(!)まで
死亡するという、その悲劇っぷりに、当時、
「新世紀エヴァンゲリオン」に感銘を受けたブログ筆者が
「伝説巨人イデオン」とエヴァの共通性を見い出し、
「ガンダム」の総監督「冨野由悠季」氏を意識した時、

そして「第4次スーパーロボット大戦」のキャラクター図鑑に
載っていたザンボットの記述「最後は特攻し死亡」「最終回で爆死」
などの悲劇的要素が凄く気になったのと相まって、

学生の身分でLD-BOXを購入してしまうほど、

「無敵超人ザンボット3」という作品には、思い入れが有ります。
生まれる前の作品、ということに抵抗は無かったのですが、
やはり、こういうアニメのコミカライズ、という存在はずっと気に
なってまして、今回、復刻という事でもう待ち焦がれていましたね。

原作アニメと違う部分はラスト。ロボ操縦者である主人公以外の
サブパイロット2名が生還した、というこの1点に尽きます。

良かった。

やっぱり、死んで欲しくなかったので……。
その代わり、原作で生き延びた、主人公のガールフレンドは
死んじゃうんですけどね。

これもかなりハードでした。

[タグ未指定]
[ 2011/04/14 22:41 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。