ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒髪ヒロインでキュアキュアしようぜ!~ CURE GIRL体験版レビュー ~

と、いうことで体験版レビュー。本日は

Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中!

Noesisさん最新作「CURE GIRL」です。

元々「放課後の先パイ」「マーブルブルマ」「フリフレ」に代表される
廉価版を作ってきたチームですが、ここに来てフルプライスに初挑戦です。

上記の作品をプレイして思ったのですが、やはり原画家さんの珈琲貴族氏は
「黒髪」の女の子を描かせたら、超一流。

……これはご自身も得意としているor好きなのかはわかりませんが、
ご自身の創作で使われているマスコットキャラも黒髪ですからね。

なんというか、儚げで愁いをおびた表情が似合うのは、やはり黒髪美人かな、と。
ここら辺がイノグレの姉妹ブランド。
イノグレ、といえば昭和初期の舞台が殆どで「黒髪」ヒロインのイメージですよね。


というわけで、今回の体験版でも、

Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中!

黒髪ヒロインにして先輩キャラ、国村古都音(くにむらことね)さんにしか
眼中に御座いやせんでした! (断言)


他の攻略キャラ2人も、もちろん可愛いんですけどね。
それにしても、この古都音先輩、前作「フリフレ」ヒロイン、倉橋結依さんを彷彿と
させます。中の人が同じ、というのも狙っているのかも。

中の人=藤森ゆき奈さんも、この黒髪ヒロインに相応しく、透明な声質で
王道の「脆くて守ってあげたくなる!」系の女の子を見事に演じていらっしゃいます。


さて、ゲーム本編ですが、昨今の美少女ゲームにある「選択肢を極力無くし、
文章で魅せる」という手法では無く、寧ろ過去のコンシュマーorPC美少女ゲームに
ありがちだった「意中の女の子のアイコンが各場所に配置されてるから、そこから
選択してよ」なシステム。
オーソドックスに選択肢を選んでいけば、無事、ルート確定……な感じ。
実際の選択肢は「運動、音楽」etc……な「話題」アイコンから一つを選ぶ
という、某ア○ガミの簡易版的なゲームシステム。

人によっては「古いシステムだ」と思うかもしれませんが、忙しい社会人には
手っ取り早くルート確定が出来て、好感触では? (好意的に捉えすぎかも……)

個人的には早く(;´Д‘)ハァハァしたいので、このシステムには歓迎。
だらだらと文章を読ませるのは、もう辞めた! 
というスタッフの潔さすら感じます。

で、同じ女の子を何度も選択すると、休日にアイコンがあらわれるので、
それでルート確定、といったところでしょうか。

さて、体験版のみの感想になりますが、前作までの「凌辱要素」は一切なく、
安心してプレイすることが出来ました。
(但し、製品版ではどうなるかわかりませんが……)

前作「フリフレ」では悲しいシーンも有り(純愛ルートも有るにせよ)
黒髪ヒロインの泣き叫ぶ姿は、それはそれで興奮するのですが(ぉぃ)

やはり、女の子には幸せになってもらいたいものです。
まぁ、そのうえでちょっとイタズラして涙目になるのは
構わないのですが(えぇー)それは、お互い「合意」の上で、ということで。

今回プレイしたのは通常体験版のヴァージョン2で御座いましたが、
気になるHシーンのみを収録した「Hシーン体験版」も有ります。
それを加味した上で、購入の検討をして頂ければと。

私の場合は珈琲貴族氏のファンである、という事と、サクッと感が
有りそうなので「購入決定」で御座います。

濃いシナリオを求める方には、お薦めできないかもです。
恐らくですが、ルート確定後のヒロインとの描写も、薄いような気がしますので。
但し、Hシーンは結構な数が有るのでは、と予想します。(あくまで予想)

僕らの大好きなブルマHも有るよ!

やったね!

[タグ未指定]
[ 2011/04/12 19:18 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。