ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

希望の歌を奏でよう、その心へ。

テレビで「アンパンマン」の歌を流し続けたら、子供が大喜び、と
いうニュースを見ました。

確かに、不安な心に、あのメロディは「グッ」とくるものがあると
思いますね。

「愛と勇気だけが友達さ~」

の部分をニュースでは流していましたが、僕はアンパンマンの歌、
と言えば次の一節が、大好きです。


ときは はやく すぎる
ひかる ほしは きえる
だから きみは いくんだ ほほえんで



命とは、いつか消えゆく「宿命」だからこそ、微笑みを
忘れないで
ね、という、原作者やなせ氏の、有る意味凄い
メッセージ。「死」のイメージを敢えて「詩」にしてみせるのが、
愛と勇気「だけ」が友達、なんて書く、やなせ氏ならでは。

元々、テレビで流れている歌詞は2番。やなせ氏が本当に伝えたいのは
1番の歌詞なんだろうけど(だから1番なんだし)あまりにも内容が
「微笑ましくない」ので、2番に差し替えられたのかなぁ、と思ったり。

ちなみに1番の歌詞は以下の通り。

なんのために うまれて
なにをして いきるのか
こたえられないなんて そんなのは いやだ!



今回、ラジオで流れたアンパンマンマーチ。曲も素晴らしいけど、
歌詞に感動したんじゃないだろうか。

どうしようもない不条理に抗う、そんな勇気を。


そうだ、

このまま絶望に沈むだなんて、



そんなのは「いやだ!」


あらためて、僕も聞いてみる。

本当に、良い曲ですよ。

[タグ未指定]
[ 2011/03/18 22:39 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。