ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

八百長問題はとどのつまり。

「それを言っちゃあ、おしめぇよ」

という事のような気がするのは私だけでしょうか。

「八百長は絶対に有りません!」
という協会の言い分は尤もですし、
「八百長は有るよ」
という言い分も尤もです。

結論は「昔から八百長は有った」んだろうけど、
それを「認めてしまう」と「暗黙の了解」であった
「そういうこと」が崩れてしまうんですよね。

……これは何事もそうです。

「わかってはいるけど、確信が持てないから、このまま
あやふやなままで良いんだ」

ということ。


好きな、あの人は、もちろん彼氏がいるんだろうけど、
その事実を知らない限り、奥手の男性にとっては、
永遠の「処女」である。

可能性は「有る」のだけれど、「目の前に事実」を
提示しない限り、その人にとってはそれが「真実」である。



つまり、それは「隠し通さなければいけないウソ」であり
「墓場まで真実を道連れにしていきます」

ということ。

知らなくても良い、真実、というものがあります。
それで良いんじゃないか、と。

隠し続ける「嘘」……沢山、有るものですよ。

でも、今、「ついに、バレチャッタンダヨネ」
というところまで来たのなら……後はもう「真実」を
伝えなければいけないところまで来た。

そういうことなんでしょうね。
戦後、一度しか中止が無かったという場所の興行も、
今回の件で中止だそうです。
前代未聞なことには間違いない。

相撲ファンで無い人がギャーギャー騒ぐな、というかも
知れませんが、今回のことは、とてもではないですが、
黙ってはおけない事項でしょう。


追記:長年の相撲ファンなら、取り組みが「真剣勝負」か
「無気力相撲」……すなわち「八百長絡み」かどうかは
見ればわかるのだそうで。

八百長行為の裏には、日本特有の「身内同士の暗黙の談合」
が有り、十両と幕下の関係を観れば明らかでしょうね。

[タグ未指定]
[ 2011/02/06 00:27 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。