ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巴マミさんを偲んで。

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト今期、最凶のアニメを、もう皆さんはご覧になりましたか?


私自身、オープニングテーマを口ずさむくらいのハマり度。
「AB!」もそうだけど、やっぱり我々が応援している業界人の
アニメ進出はうれしい限り……凄まじい勢いで思春期の皆様を
奈落の底に突き落とす(笑)トラウマアニメになりそうですね。
(流石、ニトロプラス)

こういう「刺激的」なアニメは、それこそ普通の作品を作っている人からすれば
「取りあえず、萌え系をそろえて、キャラを殺せば良いと思ってるんだよね、ずるいよね」
と感じるかもしれませんが、単なるスプラッター系の「ヲタクご用達作品」
だけで、ここまで盛り上がるわけがないでしょう、と
言っておきたいです。

やはり、緻密な演出、脚本、監督、キャラデザの化学反応の結果が
120%効力を発揮したということが重要なのですから。



mami11.png
マミさん「もう、一人で魔法少女をしなくて済むのよね……」


第3話にて、貴重な水橋ボイスキャラが、舞台から退場いたしました。
「この作品の方向性ってこうなんだよ」ということを、身を持って
主人公たち……そして視聴者の皆さんに教えてくれた、とっても重要な
キャラクターでした。

[タグ未指定]
[ 2011/02/01 20:33 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。