ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もういい歳したオッサンなのに、ついやってしまいたくなること。


その1。




仮面ライダーの変身ベルトを身に付けて、

沢山の満員電車の中で、







「変身!!!」







と叫びたい。

今だったら「000(オーズ)」かな? その次は555とかも良いね。
昭和ライダーなら、断然スーパー1かブラック。

なんつーか、叫びたい!という願望は
恐らく、年を取っても、願望は有り続けるものだと思う。

「変身!」

もそうだし、例えば、



「シェェェェーー!!」


※おそ松くんの「イヤミ」の台詞。若い子はお父さんに聞いてみよう!

と叫んでみるとかね。もう捕まるレベルなんですけど。

兎に角、大人になって、自分に自制をかけることがね。苦痛ではないんですけど、

たまには、大人だって叫びたいさ。

変身して、ヒーローになりたいさ。

バカになりたいさ。

これは、本心。









その2。



オトナ同士で、真剣勝負の「かくれんぼ」をやってみたい。





……これは、テレビでやってる。
お笑い芸人とかアイドルが「刺客から」逃げ切れたら100万円、とかいうヤツ。
ああいう感じでも良いけど、僕が思っているのは、会社の人間で
社長も、副社長も、直属の上司も、部下も、バイトの女の子や男の子も皆集めて、
やるわけ。

凄く面白そうじゃない? ……まぁ、中には冷めた感じで
「やってらんないっす」という人もいるでしょう。


まぁ、僕にその台詞を言われたところで、僕のこのワクワクした気持ちを
止めることはできないだろうけどね(笑)








賢明な読者の皆さんならわかったことだと思う。つまり、
子供の頃、やったことを今してみたら面白そうだよなー、そういうことだ。


精神医学的に解釈? するなら、「現状おかれている立ち位置からの逃避」
つまりは現実逃避における代償的な考え、なんて言われるかもしれない。


そうかもしれないんだけど、僕が言いたいのは、

いい歳したオッサンがバカやるって、凄く面白そうじゃね?







ということだ。

こんな僕に薦める映画が有るとしたら
「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」
かもしれない。……90分弱の中編映画だけど、あれは凄かった。
何が凄いって、当時学生だった僕ですら面白い、と思ったのに、大人になって
もう一度見直したら、涙が止まらなかったんだもの。


閑話休題。


兎に角、抑圧された「常識」も、時にはぶち壊してみたいな、と考える。
それでも、周りに奇異な目で見られることは、自重しよう。


それこそ「迷惑」だから。


そんなことを、電車の中で、

思った、今日この頃。


[タグ未指定]
[ 2010/12/22 06:07 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。