ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京都青少年健全育成条例改正案について。

仕事柄、多くの「小さいお子様」と接する機会が多いのですが、
その時に戸惑うのが「親のしつけ方、叱り方」です。

例えば、店内を走り回る行為。飲食行為をしながら商品に触れる、など。
その時の叱り方が

「こら、ダメでしょ。お店の人に怒られちゃうでしょ」

というもの。

……ちょっと待ってほしい、と。お店の人が怒らなければ、その行為は許されるのか?
ってことですね。

飛躍すれば、犯罪行為は「警察に捕まるからしてはいけない」という認識と
同じ、ということです。

抑制する人間が居るから、その行為はしてはいけない。
この考え方は、非常に危険です。

何故、してはいけないのか。
それは、他の人に迷惑となるからです。
当然のことですね。これを「公共性」というのですが、
それは、きちんとしたしつけを行っていれば、自然と身に付くもののはずです。

日本はその「公共性」を守ってきた、優れた国だったのですが、
個人主義だの「ナンバーワンよりオンリーワン」だの
「自分が一番大事」というオカシな風潮の中で、
「相手に対する思いやり」が薄れてきているような気がします。


またまた飛躍した話になりますが、

極端な例として、

「何故、人を殺してはいけないの?」
という質問に
「殺すと、捕まっちゃうからだよ」
という回答をすることと同じになってしまいます。

じゃあ、

「捕まらなければ、殺しても良いの?」

ということになりますよね。


つまりは、そういうことなのです。



話を、今回のブログタイトルに戻しましょう。

正直、今回の改案は、男性だけではなく、女性にとっても
非常に「危うい」改案です。

恐らく、かつて女の子の間で読まれていたマンガのほとんどが
規制対象になってしまうからです。
結構、女の子向けの漫画も性に対する表現が凄いので、
今回の「強姦」「近親者における性交」
行為の規制にひっかかるマンガは数多いかと思います。

えっちなことは、当然、女の子も興味が有りますからね。


子供と一緒に書店に出かけて、「あ、このマンガ懐かしいわね」
と思っても、

「これって、昔、ママが読んでいたマンガ? 有害指定図書ってコーナーにある!
ママ、悪い本読んでたの?」


と、自分のお子様に言われる未来が、もうすぐ来ようとしているのです。
そういう時、普通の親なら、このマンガの本当に伝えたいこと、素晴らしい所を
語ってほしいのですが、一緒になって「そうね、有害ね、このマンガは」

と切って捨てることが、マンガやアニメを愛する私にとって、一番悲しいこと
だと思います。


何でもかんでも規制、規制。確かに規制することは大事かもしれません。
その方が一番、楽ですし、犯罪の抑制になるでしょう。

ですが、抑制された感情はいつかは「吐き出さなければ」いけません。
いつまでも「良い子」でいようとすればするほど、小さなお子様の
フラストレーションは肥大化していきます。

だからこそ、僕らの世代では深夜のエッチなテレビを、眠たい目で
こすりながら我慢して興奮したり(笑)
空き地に捨てられていたエッチな本を発見して、皆で興奮して
回し読みしたり(笑)して、「性への欲求」を満たしてきました。

まぁ、今の子はネットなんかでもっと安易に、エッチなものと
触れ合う機会が有るかもしれませんが。

……エッチが好きなことは、悪ではありません。
但し、今回の規制が「強姦」だったり「近親者の性交」という、一種の
「悪」なる行為に対し、「それを賛美」していることへの規制である。

確かに、これは「善」という行為に見えましょう。

放任すれば、その悪を、鵜呑みにしてしまう子供たち。
当然、出てくるでしょう。


ですが、そこに規制をかけるのは、国でもなんでもなく、
「その親」だと思うのですが、如何でしょうか。



※注意 所謂、思春期といわれる中高生ともなると、その辺の善悪ははっきりしています。
それでも、こういったエッチなもの、つまり「強姦モノ」を好きな男の子も
いるでしょう。でも、それが好きな男の子が全員、犯罪者予備軍だという
認識は極めてナンセンスで、あくまで欲求の代替として手に取っているに
過ぎません。その本を読んで「あ、これって許されるのか」と思う時点で、
彼の「公共性」は、そのマンガが原因ではなく、子供時代にすでに
「公共性が親、ないし、周りの人間から教えられていない」いうことになります。
今回のブログでは、そういう思春期の方々は敢えて論じておりません。



もちろん、強姦、痴漢行為は犯罪です。
だがしかし、それを賛美するマンガ、アニメ、ゲームは断絶する。

欲望の代替として。暗黙のルールとして。
そんな位置付けとして親しまれていたモノが、消えようとしています。


はっきり言いましょう。
こんな愚かな案が通ること自体、



最悪の「犯罪行為」です。



[タグ未指定]
[ 2010/12/14 18:59 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。