ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「超展開」の何が悪い~朝色Web体験版レビュー

きっと、澄みわたる朝色よりも、Web体験版終了致しました。
と、いっても体験版の公開は結構前のお話なので、各ブログでも感想が有り
「何を今更」な感が有るので、ここでは別の切り口も織り交ぜつつ、
紹介して行こうと思います。

◆スタッフについて

※原画家のやすゆき氏は個人的に「StarTRain」以来となります。
可愛らしい絵柄と脚本のギャップが今回も有りそうで楽しみです。

※主題歌を歌うWHITE-LIPSさん。その透明感のある歌声は数々の
ユーザーを涙に誘いました。「もしも明日が晴れならば」などが印象的でした。

※シナリオは朱門 優氏。
彼は「シナリオ兼、監督兼、プロデューサー兼、企画」と、この作品の
主要な部分を全て担っていらっしゃいます。
並々ならぬ本気度を感じさせずにはいられません。
彼の作品にはよく「超展開」が有る、といわれております。日常の中に入る
「不思議な出来事」……を通り越した、超・展開。

「実は僕たちの世界は四次元世界だったんだよ!」
「私の正体は未来から貴方を守るためにやってきた戦士だったの!」

陳腐な内容に、ともすればなってしまう「超展開」ですが、
これは悪い一例です。

裏切られた……と思うのが超展開ですが、気持ち良い裏切りなら、
ユーザーも満足の行く所に落ち着くと思うのです。

過去作品で言うなら「マブラヴ」も超展開ですしね。
(学園モノ、と思いきや実は巨大ロボットモノだった)

綿密に組まれた伏線、かつ高度なシナリオを有しない限り、超展開は
マイナス方向へしか作用しません。

朱門氏は、過去の作品でそれをプラスに変えた実績を持っています。

だからこそ出来る「超展開」。きちんと運べば「名作」なりうる。
それは、朱門ファンの方ならご存知でしょう。


◆体験版について

長くなりますので内容云々は割愛します。詳しくレビューされいるサイト様も
いらっしゃいますしね。
この会社ならではの主人公フルボイスはやはり良いなぁ、と思ったのと、
キチンと伏線らしきものは「ん?」となりますし、
間に挿入されるコミカルシーンも良い感じでした。

製品版でも各ヒロインルートというものは存在せず、ループものにしていくのか
はたまたルート開放形式を取るのか(再プレイごとに特定のキャラルートが
開放されるパターン)……わかりませんが、これらが朱門氏が発言されていた
「一本道。ヒロインは1人」という事になるのでしょうか。

◆総括
そして、体験版ラスト。そう、お待ちかねの「超展開」。
必ず今回も「有る」と言えるでしょうね。
(最後までプレイされた方は頷いてくれているでしょうか)

発売日までまだ御座います。
興味を持たれた方は是非、体験版をプレイして頂ければ
幸いです。

[タグ未指定]
[ 2009/06/09 15:42 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。