ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父と子と。

9月一杯で父が、契約社員としての期限が切れる、と電話が。
定年退職後、契約社員として働いてきたわけだが、ついに
年金生活に突入するのかなぁ……としみじみ。

なんだかんだいって、私も父も独り身。男2人であまり会話もせずに
数年間。私は転勤族で、なかなか実家に帰っていない状況。

このままじゃ、ボケの心配も出てくるので、帰省の頻度を増やそうと
思った次第。

自分の中で、父親とは「超えたい存在」でもあり「畏怖すべき存在」だった。
悪いことをすれば、平気で殴るし、友達を家に呼んだ時も、友達と私の両方を
怒鳴りつけたこともある。

それはいつしか「尊敬」に変わり、男とは何か? 家族を守るべき「長」と
しての、一人の「父親として見るようになっていく。

母は決して暴力に訴えない、大人しい女性だった。怒るときは、涙を流す人だった。
そんな父と母だから、バランスが取れていたのかもしれない。

父に対する想いは常に「恐れ」と「尊敬」の入り混じった感情だった。


やがて、思春期を過ぎて、私も大人になり、次第に父への感情が変わっていく。
あの大きな背中はいつしか小さく、髪の毛も、白髪の量が圧倒的に黒髪を上回っていった。

年月とともに、父の弱い部分、人間「らしい」部分が見えてくる。

複雑な想いが、無いとは言えない。

ただ、父がそういった立場となり、今、自分にできることはなんだろう……と。

そう思った次第である。













>追記: 二東さん
よかったです! 杞憂に終わってホッとしました。私もそうですけど、
どうも慢性的な運動不足が(失笑) 体を動かさないといけませんねェ……。


>二東さん
少し心配ですが、診断の結果はどうだったのでしょう……。
僕たち「息子」が「父親」に出来ること。
それを、探していきたいですね。

[タグ未指定]
[ 2010/09/06 17:00 ] ぼやき | TB(0) | CM(2)
No title
まず申し上げたいこと。
お兄ちゃんさんのお父さんに向けて、
「お疲れ様でした」
私ごときの若輩者から、年長者のお父さんに声を掛けても、
「若いおまえさんに言われても……なぁ?
でも、ありがたく受け取っておくよ」
と、苦笑交じりに受け取っていただけるのではないかと。

私にとっても父は「畏敬」「恐怖」の存在でした。
父は各地を飛び回るセールスマンであり、幼い頃は一週間に数えるほどしか家に居らず。
居ないときは開放感で一杯で、兄と一緒に大はしゃぎして。
父が帰ってくると幼心にも「良い子で居よう」と緊張していた記憶があります。

そして父は独立し、会社を興し、……何度か倒産・再復興を繰り返し。
一昨年にとうとう会社をたたみ、しばらくアルバイトをして。
今年の四月に胃潰瘍で入院し。
今はPC相手に全国の仲間と一緒に川柳を楽しんでいます。
※ 正直、私よりPCに詳しいです。昔のこち亀に出てきた『サイバー爺ちゃん』みたいです(苦笑)。

子どもの頃、あんなに怖かった父。
若い頃の無理が祟り、左耳の聴力を無くし。
だんだんと弱っていくのが目に見え。
兄と私、そして母で
「もう、休んだら? 会社、畳なよ…」
そう声を掛けた翌日に、私と二人きりになった時。
「悔しいなぁ…」
と零した父。
きっと、経営者としての無念があのひと言に凝縮されていたのでしょう。

そして、今。
父の晩酌(私は下戸ですので、ウーロン茶♪)に付き合う様になり。
たびたび出てくるのが昔の自慢話であったり。
若い頃の苦労話であったり。
子ども達のやんちゃ話であったり。
……私が交通事故に遭ったときの話であったり。
「おまえ、早く結婚しろ」と、独身の私を急かす話であったり!


その父の背中を見て。
そしてお兄ちゃんさんのお父さんの話しを聞いて。

自分達の父親の背中。
それをもう一度、眺めてみたくなりました。

では、また。
本日、9月7日がお互いにとってより良い日でありますように。
二東 拝


追伸♪
実は本日、私は有休をとって病院に行きます♪
半年以来、胃……と言うか食道辺りに鈍痛が走るようになりまして!
更に成人病検診で「肝臓」のGTP値が異常数値を叩いてくれまして!
男性の上司より……。
「倒れる前に行って来い!」
と、心配されまして!

……無事であって欲しい。
というか、悪いところが見つかって、直したいんです!
父が胃潰瘍で血を吐いた瞬間! 内心で!

「(……親父、これで……)」

──と、不吉なことが過ぎったんです!

あんな心配、家族にさせたくありませんから!
[ 2010/09/07 00:38 ] [ 編集 ]
No title
深夜にすみません、二東です……。

私の体のこと、心配いただき、本当にありがとうございます!

――そして
実は火曜日に病院に行き。

医者>「じゃあ、胃カメラ、飲みましょうか?」
二東>「……すみません、晩御飯。 9時過ぎに食べました……」

という理由で、金曜日に再度病院に行き!
呑みました、胃カメラ!
涙が出ました! よだれ、ダラダラと出しながら!
(嗚呼、恥ずかしい……)

そして診断結果は!
医者>「痩せなさい……」

お医者さんが言われるには、……当方『メタボ』体型でございまして。
お腹が出てくると『圧』がソチラの方に高まり、逆に胸が下がるため。
胃液(胃酸)が逆流して食道に悪影響を与えてる……とのこと。

医者>「ああ、心配された胃潰瘍ではありません。 胃の中はキレイですよ?」

と言われ!
内心で!!
「(――痩せよう、今度こそ!!)」
と、何度目かのダイエットを決意して。
昨日、今日と30分ウォーキングを開始しました!

……成功したら、またご連絡します。
では、また。
本日9月12日がお互いにとって、より良き日でありますように。
二東 拝


追伸……肝臓の数値を表すGTP値も『受信勧奨』レヴェルのため♪
こちらは再来週、CTで検査いたします!
……どんだけ不摂生な生活をしていたのか。
そのツケが回って来てます、今年干支の我が身に!
[ 2010/09/12 01:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。