ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休み「恋神(ラブカミ)」体験版読書感想文 全文掲載

「夏休みの『カミサマ降臨!学園生活・体験版』読書感想文コンクール!」





以下、全文掲載。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓












◆はじめに

私達の住んでいる「日本」には、沢山の神様がいる。


「神様、仏様、キリスト様!」


なんて言葉が如実にそれを表している。お米の一粒一粒にも、神様は居るわけだ。
そんな国なだけに、神様に対して ―― 恐らく地球上、もっとも寛容な国だからこそ、
この物語は「良いんじゃね?」という気持ちで迎えることが出来るわけだ。


体験版では、第二章まで。しかし二章で起きた出来事が、体験版終了時点で
完結していないので、感想は、第一章『宴のはじまり』を中心に書こうと思う。






◆第一章で語られる「神」と「人」の隔たり

第一章では、「神様」と「人間」の懸隔について語られている。
神様と人間が同じ「学園」に通うようになって、次第に「溝」が出てくる。
「人間は私たちを敬うという気持ちはないのか」「神様って何だか偉そう」
と、神様側と人間側で対立してしまう。それを主人公が何とかしようとするのだが……

以上が、第一章のお話。

突然、八百万の神様が現実世界に実現化したわけだから、混乱するのは当たり前である。
まず、最初にこのテーマを持ってきたことは当然だし、それと同時に、各キャラの顔見せや
特徴も同時に魅せることで、共通ルートとして相乗効果を生みだしている。

これらの問題に対して、主人公が前向きに奔走する姿も好印象だ。
何よりこういったジャンルは「主人公に感情移入」出来なければ駄目だと個人的には
思っている。だからこそ、持ち前の行動力、江戸っ子気質、
考えるよりも前に足が動いてしまう……
という「内向的」では無く「外向的」な主人公・颯太君ならではの行動が、ユーザーには
好意的に映ったと思う。

「べらんめぇ口調」が気になった、という方もいるらしいが、少し「クドイ」部分が有った所為で
(特徴故、仕方ないとは思うが)印象に残ってしまったのだと思う。








◆颯太=『幸魂』の持ち主であるという説得力を持たせた「宴」


主人公が和解策にと選んだのが「花見」。だが、開催場所に決まった「此花神社」に住まわる神
「サクヤ」はそれを拒絶する。


「宴をすること自体、良いとは思いますがこの場所で行うと言うなら、お断りします」

「良いと思っているのに、どうして?」

「ダメなものはダメです」



姉の「イワナ」が言う。

「夜にまた来て。そして翌朝も」

と……。

夜に、主人公が見たものは、花見に興じる人の群れ。……確かに風情も何もない。
そして、翌朝。……無数に散らばるゴミ達。

あぁ、これか……と納得する主人公。そして、素直にサクヤ達に謝りたい、そして何とか
このゴミを綺麗にしたい、と思う主人公の思考回路が素敵だ。


彼が思いついたのは「このゴミ」を綺麗にすること。
……それは彼の自己満足に過ぎないのかもしれない。

「もしかしたら、このゴミを綺麗にしたら、サクヤの気持ちも変わるかもしれない」

という気持ちが有ったかというと……
彼はそんなことで「ゴミを片付たい」と思ったわけではないのだ。

「気が付いたら、身体が動いていた」

そんなこと、ゴミを出した人間にやらせば良いのよ、という「いつき」
(この言動は尤もであり、一方の意見であるが、これを攻略ヒロインに言わせた、
というか「言わさせるしかなかった」あたり、後述するがいつきが割をくった
イメージが有る)に対する、颯太の台詞が気持ち良い。

次第に集まってきたのは……友人や、神様たち。親や、商店街の皆だ。
彼のするところに、必ず人が集まってくる。

これは彼の人徳であり、『幸魂』を持っている、という設定を具体的に見せているのである。
愛すべき主人公、ともすれば嫌味になるかどうかのスレスレに行く所ではあるが、ここは
テキストの説得力も有り、成功している部分ではないであろうか。


ともあれ、無事に宴は終了。神と人との隔たりも解け、めでたしめでたし……。
となったのである。
体験版のストーリー感想は、以上とさせていただく。










◆最後に、各ヒロインの魅力も語っておく。





※メインヒロイン


「月詠ウサギ」……かつて主人公に出会ったことのある神様。ある意味反則キャラである。
普段は主人公の妹「みこと」とコンビを組んで「五月蠅い妹が一人増えた」と思わせる
ポジションに居るも、所々で「ドキッ」とさせる言動。
自身の裸を見られて激しく取り乱すなど、明らかに主人公を
意識している。普段の仮面(ペルソナ)と、そういった部分を使い分けているので、
それがわかるユーザーは、にんまりとしてしまうわけだ。




※ヒロイン


「佐久沙いつき」……人間代表であるが故に「割を食った」イメージがあるが、
「お姉ちゃん」キャラとしては非常に好印象だった。
一部ユーザーの声にある「弟」という呼び方についても、個人的に違和感は無かった。
体験版では「神様」という特異な存在を描かねばならないので、ああいったポジションになるのは致し方ない。

彼女の真価は、製品版で、といったところであろうか。

颯太君を「弟として」から「一人の男として」見るように変わっていく……
というのが通常の姉弟ルートなのだが
彼女自身、初めから好感度MAX状態だと思われる。

颯太の母を「お母様」と言ったり(敢えて、叔母様と言ってない?)
「……タイミングが悪いんだから」
「ほんと、ドキッとさせること言うわよね」などの描写から、
颯太を意識しているのは間違いないだろう。

体験版では語られていないが、神様を嫌いになったという「本当」の理由
(スセリに関係があるとの事)も気になるところだ。





「豊草イナリ」……豊穣の神であり、セックスシンボルとされる神。
と考えれば思いつくのはセクシーなお姉さんキャラなのだが、
獣耳&尻尾の愛らしい外見である。自分自身が「セックスシンボル」の神と自覚しているので
「あっはーん」なキャラでなければ、と思っているのだが、ウブな為、赤面してしまう、
という設定が最高。

エロエロ~ンでは恐らく、人気が出ないと思ったスタッフ、正解です。
でも、恐らくHシーンでは凄いことになりそうではある。

「らめぇ~」→「こめぇ~」を考えた方は、「これはいける!」と思ったに違いない。

ええ、脱帽しました、そのセンスに(笑)。






「富士宮サクヤ」……プライドの高い神様で、最初は人間に好意を持っていなかった。
そんな彼女の氷の心を溶かしていくのも、主人公たる颯太君の役目であり、また見所。

実は、いつきと似た者同士で、だからこそ、お互いを認めようとしなかったのだろう。
それだけに、体験版の時点では仲直りはしたものの、「親友」となるフラグは、
まだ立っていない。製品版ではこの二人の友情にも注目したい。おそらく、一番の親友になれる
であろう二人なのだから。

お酒を与えると怖い、なんていう設定もあるが、お茶目な彼女を早く見てみたい気もする。
今後、また人間不信になるような展開が恐らく有りそう。鍵を握るのは、颯太といつき、
そして姉の「イワナ」だろうか。

「また裏切られた。……信じようとしたのに」
……なんて展開から、

「すべての人間が悪いわけじゃない」

という風に持って行って欲しい気もする。
それも含めて「人間を愛して欲しい」と思うわけだ。








◆おわりに

楽しい体験版でした。終わってしまうのがあっと言う間。しかも最高に話の続きが気になる
「製品版をお楽しみに~」な幕引きが非常にニクイ(笑)良い体験版だったと思います。

製品版完成まで、お体には十分に気を付け、素敵な作品となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

本当に、有難う御座いました。






※当サイトにUPするにあたって、行間の追加、見直し、また文章の加筆、修正を行いました。
ご了承くださいませ。

[タグ未指定]
[ 2010/09/01 01:00 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。