ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オッサンから君たちへ送る言葉。

「自分のことを知ってほしい」「自分を認めてほしい」
という欲求は間違っていないと思うのですが、最近はそれの「度が過ぎる」
所為なのか、さまざまな犯罪の原因になっていたり、障害になっていたりします。

思えば親が子を想う気持ち、というのは年々変化しているようです。
最近の子供は、親からすべてを全肯定されている、と聞きます。

子供の問題に首を突っ込む親……所謂「モンスターペアレント」など。
「子供がイジメに有っている。クラスを変更させろ」というモノは兎も角、
「宿題を忘れたくらいで怒るのはどういうことか」……なんてモノまで。

もはや「過保護」を通り越した「我が子への愛情」は

「あなたは何も悪くないのよ?」
「あなたが正しいの。悪いのは、世間よ?」
「あなたは何をしても良いの」

という、あまりにも重く、そして恐ろしい「刷り込み」へと変化しています。

やがて訪れる「挫折」に、そういった子が、耐えられるでしょうか。
人生とは、理不尽なものです。理屈なんて通用しない、そんなこともあります。

「正しい」と思ったことが否定され、何が本当に正しいのか、わからなくなる。
今まで自分自身を守ってくれたモノが、社会に出ると、なにひとつ守って
くれないことにも、気付くことでしょう。


そんな世界に、このような「自分自身を全肯定された子供」
……のまま成長した人間が、放り出される。

耐えられるはずがありません。


結局は、ですね。

「自分」「自分」という前に、
僕らは、

もっとちっぽけで、
自分自身が思っているほど、

「特別な存在」

なんかじゃないと思うのです。



以前、このブログで書いた通り、所詮は「凡人」なのだと……
だからこそ、他人をいたわり、認め、助け合って生きていかなくては行けない。

最近の犯罪は「他者」が抜けてしまっていて、「自分」しかない。
「もっと私を見て!」「もっと、僕のことを認めてよ!」


「孤独」は、脆い人間にとって尤も辛いこと。
それは、どんな人間にだって持っている悩みなんです。

友達を作ること……悲しいかな、最近は「自然」ではなく、
自分だけを認めてくれる人間「だけ」を探すそうです。


……そこに「他者」は存在しないんです。
そういう自分中心の考えが、焦りを生み、やがて悲劇が起こるのかも
しれません。

でも、それは若い人にとって切実な問題でしょうし、非難することは
間違っている。

友達も、多く居るよりは、本当に「対等」なヤツを作る。
「自分に都合の良い」だけの友達は、本当の「親友」にはなれません。

これを読んで下さっている方で若い方……20代前半くらいの方は、
色々悩みは尽きないとは思います。
……が、「自分中心」の考えは、そろそろ卒業しても良いかもしれませんね。





※追記
今回、このような記事を書いたのは、ちょいと部下に説教をした時に抱いた
「違和感」から来たものです。

おそらく、「自分」のことしか考えていない。……だからこそ、その部下は
ある「ミス」をしてしまいました。

「自分だけが」という考えは、団体行動において、非常に危険です。



その部下は、まだ若い。




わかるんです。若いときは、誰だって「自分のこと」だけで精一杯。
それは僕だってそうだったから。


でも、考えてもみて。今まで、自分だけの力でやってきたことって、
そんなにデカいことなのか?

人間ひとりの力なんて、ちっぽけなもの。
だから、他人の力を使わないと、その仕事が、今日一日で終わるわけがない。













>二東さん
『リザイン』プレイして下さったんですねー。有難う御座います。
凌辱シーンが有ったりで、ちょっと刺激的だったかもですが……。
むしろ、この作品は「純愛ルート」こそがtrueルートですので。

さて、今回、私が書いたSOは……どうでしょう。
感想が聞きたいところですかね。

[タグ未指定]
[ 2010/08/23 21:22 ] ぼやき | TB(0) | CM(1)
No title
お久しぶりです、二東です!

実は先日、このFC2にお邪魔して……。
紹介されていた『リザイン』!
DL購入して、今の今までプレイしていました!

いやぁ……両ルートとも。
「嗚呼……」
と、溜め息を零しました。

何かが狂うと……感情のベクトルが変わると……。
『ああ』“なってしまう”

そして、ハッピィ(?)ルート。

忌まわしい土地に、友達を助けるために泣き出し主人公。

正直、思わず。
「(共感できる!)」
と、身を乗り出していました。

そして本日の記事。

若い部下の方の視野が狭くなること。
それは当然ですが、会社・組織としてはそれを『いつまでも許すことが出来ない』。
その現実を早く(出来れば身を持って)実感・認識していただけることを、心から祈ります。

追伸……8/26に向けて、SO作品を作られるとのこと♪
お待ちしております!

追伸②……そして上記の日。 偶然ですが、8年前のその日。
私の身の回りを一変させた、『忌まわしき日』でもあったりします。

以前、『そこ』に行ったことを報告したことがありましたよ……ね?
※ 前回の時のコメント、ありがとうございました!
※ あの後、更にご心配いただいた『第一次プレゼン』の敗戦の知らせが入りました(再度苦笑)!

今年の8/26。 午後から代休を取って事故にあった時間、14:15。
事故現場に立ちます。
……多分、いいや間違いなく『笑えない』。
でも『泣くこと』は無い様、一歩。
『あの日』から前に進む事ができたら──などと考えています。

では、また。

あと5分で今日に変わりますが、8/25。
この日がお互いにとって、より良き日でありますように。
二東 拝
[ 2010/08/24 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。