ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンツについて熱く語ろうぜ。

あのワコールさんのアンケート結果ですが、かなり信憑性が有ると思われます。

と、いうことで。
今日のお題は「パンツのことを何と呼ぶのか?」で行きたいと思います。
男にとって、パンツとは自分の穿いている下着の事をさす訳じゃございません。

あくまで、


女性が身に着けている 神秘のアイテムのこと。

自分の下着なんざ「トランクス」とか「ブリーフ」「ボクサー」とかで十分です。

ところで、パンツには色々と呼び名があって

「パンツ」
「ショーツ」
「パンティー」


の3大呼び名が確認されております。
ワタクシのような周囲から変態紳士の認定をされている人間にとって、
女性に聞くなど、恥とも思いませぬ。

ということで、本当に女性は「パンツ」をどう読んでいるのか、あくまで
周囲の女性陣に限ってですけど、お伺いした所、

やはりダントツで「パンツ派」でした。

ちなみに「パンティー」は論外。エロオヤジの言うモノだと一蹴。
「ショーツ」が意外と抵抗が有るようで、「ヤダネェ」とのこと。

と、いうことで、男性諸君は間違っても女性の前で
「パンティー」とか言っちゃ駄目だぜ(はぁと





※注
みんな大好きWikipediaによると、

日本では1970年代までは女性の下着を指す言葉として「パンティー」が一般的であったが、
1980年代後半ぐらいから男女・年齢の区別なく使われる「パンツ」が広く用いられるようになった。


……と有ります。確かに、永井豪先生の作品で「まぼろしパンティ」なるタイトルも有りますしね。
後、女性は良く男性で言うところの「ズボン」の事を「パンツ」と言いますが、
これはイントネーションの違いで聞き分けているようです。
下着は、下降調。ズボン(ボトムス)は、上昇調……と言った具合。




ちなみに、エロゲーで「パンツ」と使うケースは日常会話に多い。


「お、お前……パンツ見えてるぞ」


「ばかー! 見るなぁ!」






これ、試しに「パンティー」で書いてみると、





「お、お前……パンティ見えてるぞ」


「ばかー! 見るなぁ!」






……。


お前は、何年前のフランス書院文庫の


主人公かね?





……と、ツッコミを入れたくなる。

だが、Hシーンで「パンツ」と書くと、野暮ったいのか、ここは抽象的な
「下着」だとか「ショーツ」とかの表現に変わる。
抽象的な「下に穿いてあるもの」なんて表現も。

えっちぃなシーンは、雰囲気重視ですもの。そりゃあ「パンツ」と書くのも
良いかもですけど、ここはちょっと色っぽくね。


ま、何だかんだいって最後はエロゲの話になってしまいましたね(笑)



[タグ未指定]
[ 2010/04/15 00:00 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。