ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Angel Beats!の感想を書くのを忘れていたわけではないです

a_60x468.jpg



「Keyの麻枝准」という看板が有るとは言え、ここまで
オリジナルアニメーションが放送前から大々的に告知されたのは
久し振りなような気もします。

そんな「Angel Beats!」でしたが、第1話のネットでの反応はイマイチで、
第2話の評価は高めでした。

個人的には第1話を初見で見たときに「……おぁ?」となって、
つまり詰め込みすぎて訳がわからない、と。

で、何度も見返していくうちに「やっぱり面白いじゃん」となりました。
元々、そんなに興味の無い方は「録画」しないわけですから、こういったスルメ的な
第1話ですと、正直「ご新規さんを逃がしてしまうよね」と感じるわけです。

勿論、「Key」のことを知らないアニメファン……中高生の方とか、エロゲーに
偏見をもたれている方……などですけども。

そういう意味では「掴みとしてはあまり宜しくなかった」1話でした。

うってかわって第2話がどうして評価が良かったかというと、単純で
「目的がはっきりしていて、後半にバトル展開があった」という構成と
「オープニングとエンディングが付いた」からでしょうね。

これで一気に視聴者の心を掴んだ、と。
口コミで「このアニメ凄いぞ」となれば、離れた視聴者の方も戻ってくれるでしょうから
(今のご時勢、バックナンバーを見る手段も増えてきておりますし)
今からでも、十分挽回出来ると思います。

多少の居心地の悪さを感じないでも有りませんが(設定とか、意外と対象年齢が
高めな気もします。小学生とか、見て面白いのかな、とか)
オッサンなワタクシとしては、最高に楽しんでおります。

と、いうことで、気になる方は是非、3話以降も宜しくお付き合い下さいませ~。













>二東さん
僕も感動しましたよ、第10話。麻枝さん曰く会心の出来だったようです。
ユイにゃんとお別れするのは悲しかったですが、とっても綺麗な話だったと
思いますねー。

[タグ未指定]
[ 2010/04/11 10:11 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(1)
お久しぶりです、二東です♪

私もAngelBeats、視てます。

そして先日の第10話。
正直泣きました、二つの意味で!

「私も車椅子、乗っていたよ……」
「悲しいよなぁ、自分の世界が『ここ』だけで……さ?」
「色々、やりたいよなぁ、お互いに!」

そんなユイへの共感に。

「俺が結婚してやるよ!」
そう言った日向のセリフ。

私がSOで作品・公開した
『私』と『神様』、そして『調停者』
──こちらのモデルとさせていただいた、友人の夫婦のプロポーズ。

「…………」
本当に泣いている自分が居ました。

「……がんばったな」
きっと『彼等』と“彼等”、両者に向けた言葉。

まだ泣ける自分が居る。
まだ頑張れる自分が居る。
まだ事故に捕らわれても、まだ先に行こうとする自分が居る。

思わずこぼれた言葉は
「ありがとう」

この世界に。
誰かに。
貴方に。
友達に。

さて、頑張るとしますか。


明日、6月7日。
お互いにとって、より良き日でありますように。

二東 拝
[ 2010/06/06 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。