ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぽかぽか、してきましたね。

去年の7月4日の記事で
「ヱヴァンゲリオン新劇場版・破」(以下、破)の感想を書きました。
当時は公開中でしたので、ネタバレ無しで書きましたが、公開より約半年以上
経過しておりますので、ネタバレ有りつつ、今日の話題とさせていただきます。

と、言いますのも本日コンテニューNo.50号を購入致しまして。

既に懐かしさすら漂う「破」ですが。
いやぁ、僕自身は面白かったんですけどね。

ヱヴァって、同世代の人間にとってはその時代を象徴する「アニメ」なんですよ。
「俺達が、ヱヴァ世代だ!」と大声で叫んじゃうような。20代後半~30代前半の
所謂、偏見の眼差しを受け、学生時代を過ごしてきたヲタク世代。

今でこそライトヲタクユーザーの多い「アニメファン」ですが、僕らが学生の頃は
アニメヲタク、と言うだけで軽蔑の眼差しでしたからね。

そんな僕等が「シンジ」に投影しちゃうのは当たり前の事だったかもしれません。
旧劇場版で、ふと「現実」に引き戻された僕等は「エヴァ」が好きだ!という
事すら言えないほど、冷め切ってしまいました。

そんな心を溶かしてくれたのが「新劇場版・序」なら、「破」は文字通り
「ぶち壊し」の「破」でした。

一緒に見た友人が「あまり面白くなかった」という感想を述べたのも
当然のこと。

「破」のフィルムは賛否両論が上等な、トンでも無い作品でした。
アスカファンの方はもっと好きになった(と言ってもあれは式波というキャラですが)
でしょうし、レイも凄く人間に近い存在だった。
シンジ君も「序」のまま、成長してくれていた。

思ったのは、これは「Q」の公開がいつになるかわからんなぁ、と。
いや、それくらい凄い映画でした。


























>allycsさん
同世代の人間に会った時、ふと会話の中で出る「匂い」みたいなモノを
探すのも面白いですけどね。「お、コイツはもしかして」みたいな。
会話が弾まない時は「ATフィールドはってるんじゃないの」とか
つい言っちゃうのが、これまた「エヴァだねぇ」と。

日常会話で、こういうのを使う時点で「おいおい」と思いますが
意外と浸透していて、びっくりですよね。

「ごめん、こういう時、どういう顔をすればいいか、わからないんだ」
「問題ない」

……は実際に使ったかと思います(笑)

[タグ未指定]
[ 2010/02/22 17:27 ] ぼくらのアニメ | TB(0) | CM(1)
ヱヴァの劇場版はもう半年も前のことなんですね。

たしかに、自分たちが学生の頃はアニメ=オタクみたいな図式が成立していましたね。
だから、今の世代の人が少し羨ましくもあります(笑)

今のアニメやPCゲームに多大な影響を与えたのがヱヴァだと思っています。
だからこそ、「自分たちの世代を象徴するアニメは?」と訊かれたら、
間違いなくエヴァと答えると思います。



[ 2010/02/24 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。