ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死とは「無常」である。

商売人の女性として、社長として、そして数多くの兄弟の母親として。
そんな、父方の祖母が、亡くなった。

今日、取り急ぎ通夜に参加。焼香を済ませ、明日は会社があり、
どうしても休めないと謝罪。

「商売人のおばあちゃんやから、きっとわかってくれると思うよ」

と、おばあちゃんを最後まで介護してくれた伯母さんに言われ、
躊躇いつつも、通夜後の食事を遠慮して、帰宅した。

……死ぬこと、とは無常であります。

と、お坊様が仰られていた。

僕にとっては、

母を失ったこと。
そして、サークルの先輩を失ったこと。

……を思い出した。

無常。

目にある全てのものは、必ず「消滅」する、ということ。
永遠、なんてものは無いから、今の、この輝き――を大切にする。

日本人の美意識はこの「儚さ」を大切にしている。
「桜」などもそうだろう。
「散るからこそ、美しい」

「死」に対して意識したのは、やはり母を亡くしたとき。
寂しさ、というよりも、残された……もちろん、僕もそうだが……
父親の事を心配してしまった。

あの、厳しい父親が、取り乱して涙した姿を、今でも
鮮明に覚えている。


いずれ、お別れをするからこそ、全力で、人は「生きていかなければ」
いけないんだろうか。

母が教えてくれたこと。
先輩が教えてくれたこと。

そして、おばあちゃんが、教えてくれたこと。

生きている者は、死んだ者の想いを受け継いで、前へ、前へ、生きていく。


……見ていて下さいね。




















>二東さん
有り難う御座います。
見守ってください、というのは勿論、おばあちゃん……であり、
母にも……という意味です。

あの世、とか、霊……とか、そういうのはこの際置いておいて。
確かに「忘れぬ限り」、その人の想い、信念は引き継がれていくわけです。
それを引き継ぐこと。

本当に、こうしてほしかった、こうなってほしかった、という願いを
叶える……残された、私たちの役目なのかな、と思っちゃいますね。

[タグ未指定]
[ 2010/01/15 21:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
御祖母堂様の冥福を、心よりお祈り申し上げます。

貴方が御祖母堂様に願う、見ていて欲しいという気持ちが、いつの日か形となり、安心して見ていられる、その日が来ることを、切に願います。

平成22年1月16日
二東
[ 2010/01/16 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。