ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仕事が忙しいと、ツマラナイ記事ばかりになりますね。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、
人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、
人は実らず。


……有名な、山本五十六の言葉です。

今日も今日とて、サービス残業。本当は、定時で帰るつもりでしたが、
部下の一人に、「これ、大変だけど今日中に終わらせておいて」と頼んだ所、

「出来るわけが無いです」

と言うものなので、流石に、ワタシも怒ってしまい、
本来、明日に任せようとしていた、別の部下の仕事を代わりにすることにしました。

「俺が今から残業して、彼の仕事を終わらせる。そして、明日は別の
仕事をしてもらう。……最初から、やりもしないで『出来ない』と言うな。
今が一番、稼ぎ時なのはわかるよな?……世間じゃ仕事終わりで皆休みかもしれない。
でも、今、ここで俺達が頑張らないと、年末年始の売り上げに大きく影響するんだ。
……わかるよな?」

そう言って、今の今まで会社に居ました。

本当は、帰りたい。

でも、口だけ言って「後は宜しく」と言っても、彼には伝わらない、そう判断しました。

上司が、残業してまで、仕事をしている。

それを敢えて「見せる」ことで、判って欲しかった。

……帰り際に「頑張れよ」と声をかけましたが、大分、ショックだったようで、
元気が無かったようでした。

それが、良い方向での……自分への戒め、情けない……と思う気持ちで有れば良いのですが。

……憎まれても、構いません。

会社は、仲良しグループの集まりでも、学生時代のサークルでも有りません。
利益を追求し、その結果、「給料」を「頂く」。

その為に、「働く」ということを知って欲しかった。

いつか、彼にもわかってくれる。
そう信じて、今日は、少し、説教してしまいました。
















>二東さん
難しいものですね。指導方法を見直さないとなぁ、と
思うときも有ります。特に、今は忙しいですから……。
そういう時こそ、頑張らないといけないんですけどね。

[タグ未指定]
[ 2009/12/30 23:56 ] ぼやき | TB(0) | CM(1)
正直に申し上げれば、貴方の辛さ……いいや、『強さ』が羨ましいです。

私は『一緒に頑張ろう』と言うスタンスは取れても、『叱る』と言うことが苦手ですから。

上司より、
「貴方の仕事に対する熱意、周囲への気遣いは評価できる。
だが、人を叱る事が出来ない事はマイナスと評価してしまう」
「他者が出来なければ、自分で背負い込む。
やる様に指示が出来無ければ自分でやれば良い──それは間違いだ」
「何の為、マネージャー権限を与えた?
それは指示・命令をさせて、もっと仕事の幅や出来る範囲を広げる為だ」
「会社は善意で動くものではない。
各自がそれぞれの役割分担・成すべき仕事をしてこそ有機的な活動・組織となる。
お前はもう、その中で充分な役割を持つポジションに居る」

上記の事は、全て今年に入ってから上司に常に言われ続けた事です。


だからこそ、貴方の「彼」に対する姿勢は厳しいとは捉えません。
貴方が「上司として」やって当然の責務を果たしたのだ──そして、自分がやっていなかったのだ、……そうも自分を情けなく考えています。


もう一つ、わが事で。

上司より
「叱咤激励、それに同意という人に接する基本動作がある」
「二東、お前は『同意』という点は優れているかも知れないが、『叱咤』。
この部分が出来るようになるともっと伸びる」

↑↑
 ↑↑
励ましとも同意とも、……当然、『叱り』も入っているとは思いますが♪


更なる追伸です♪
「彼」に対して。
随分ショックを受けていらっしゃるようですが。
そこで貴方が『何か』を言うと、それを自分の『考え』として受け入れてしまう可能性があると思います。

……確か、「他者の意見に対する、自己同一思考」というモノだったかと思いますが。
いわゆる暗示・刷り込みが容易と成ります。
しかし反面、自分で考える事を放棄する事も容易となります。
※ いわゆる「あの人が『ああ』言ったから」というモノです。

そんな場合は、①何もしない②でも、コーヒーやお茶を一緒にする③相手が話しをしなければいけない状況にする

④(我が上司の得意パターン)……その日は何も言わない! 後日、「あれ、どうした?」と訊いてきます!


この手を何度使われた事か!
何度、他のマネージャーが操られて居た事か!

『鬼』と渾名されるだけはある、我が敬愛すべき上司のやり方を

あくまで『一例』として、紹介させていただきます。

では、また。
もう本日となりましたが、明日は2009年最後の日です。
お互いにとって、より良き日でありますように。
[ 2009/12/31 00:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。