ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最終出勤。

ここ数日、本当に自分のことばかり書いてしまい、正直
ツマラナイ文章ばかりが続いていたと思います。

……もう少し、お付き合い下さい。



今日は以前、触れたように、同じ役職の皆さん、そして上司が
送別会を開いてくれました。

と、同時に最終出勤。

arigatou.

出会いは、別れの始まりであり、
別れは、出会いの始まりと言います。


気が付けば、別れの時が来ましたが、
僕が最初に今の職場の皆さんと出会った時に、

「いつか別れる時が来たら、その時は別れを惜しんでくれるくらいの関係に
なれるよう、頑張ろう」

と思っていました。

それは、今の役職になる前から思っていたこと。

出会いは、別れの始まりだけど、

別れるってことを知っているから、皆のふれあいが大事なんだって事を。


飲み会の席で、上司に
「千鶴の近所のお兄ちゃんとは、もう少し一緒に仕事をしたかったよ」

と言ってくれたこと。

すごく、嬉しかった。


みんな、ありがとう。

すごく、すごく、幸せでした。


……仕事は、辛いもの。


でも、僕は、みんなが笑っていられる場所を作ったつもりだよ。

だから、


いつまでも、


みんな、笑顔で仕事してくださいね。




これで、「此処」での仕事は、

終わった。


……そうそう。
次の転勤先の上司が、いきなり僕を叱った事を、周りに
言いふらしていたそうです。

僕の先輩で、今は同じ役職の方から、そんな事を聞かされました。
「得意気だったけど。……大丈夫か?萎縮して無いか?」
と心配して下さいました。

大丈夫です。

僕は、負けたくない。……そして、それに萎縮して、「僕らしさ」を
無くしたくない。

今度の上司は完全に服従させるタイプのようです。
文句は言わせない。
兎に角、自分のいう言葉が絶対だと。
気に入らない人間にはとことん罵倒を言うそうです。

だからって、自分の「良い部分」を閉じ込めて閉まって良いのか?

違うだろ。

僕は、僕なんだ。

勿論、向こうの良い部分、正しい部分は吸収してやる。
だけど、それはどうなのさ、と言う部分は反面教師として吸収してやる。

さぁ、


新しい、

戦いの始まりだ。




ようこそ、

千鶴の近所のお兄ちゃん。


ここからが、


第二ステージだ。
















>Burauさん
Burauさんのような若い方が、社会に出たとき、少しでも僕の書いた事が
参考になってくれれば、幸いですね。もちろん、反面教師の部分としても
含めて、デス。色々、失敗もします。完璧な人間じゃありません。
本当は、弱くて、小心者なのかもしれません。

どうか、これからも、見守っていてくださいね。

[タグ未指定]
[ 2009/11/27 21:57 ] ぼやき | TB(0) | CM(1)
お兄さんのその自分を曲げない強さ、憧れます。

自分も常に、
「人はそれぞれ違うのだから、同じ結果が出せるわけがない。
だからその人の結果が気にくわないものでも
最大限の努力そして出した結果なら認める」
そういう風な上司になりたいを思っています。

何か得意なことがあれば不得意なことだったある。
だからなんで一つのことで上下関係が成り立ってしまうのだろか?
さすがにこの年になるとそんなことがうまく通らない世の中ってわかってきましたが、
この考えを否定したことはありません。
それは今でも間違ってないと思うからです。

だから自身を持って、この「おもしろきこともなき世をおもしろく」という場で堂々とみんなに伝えていいと、Burauは思います。

これからも自分に素直なお兄さんでいてください!
[ 2009/11/28 02:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。