ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沢山の人と出会うこと。

若い人へ、と書くと自分がオッサンになった気持ちなのですが、
それでも新卒の社員や、バイト君達を見ているとついついオッサン心が
動いてしまうものなのです。
気持ちはまだ10代じゃ!若いモンには負けないぜ!
というのが本音では有りますが(笑)

このブログをお読みになられている学生の方に、是非伝えたい事が有りまして。
それは、

色々な人と出会い、そして良い所、悪い所を見て、学んだり、反面教師として
見たりして下さい。


ということです。

言うまでも無く我々は「集団生活」から抜け出す事はできません。
そんな中で、大学に出会った人達、社会人になって出会った人達
……が、今の僕のパーソナリティを築いている、といっても過言ではないからです。

大学は、中学、高校と違い、大人数が同じ場所で学んでいます。
そんな中で、例えばサークルだったり、同じゼミだったりで出会う人達。
僕の場合は、OBが遊びに来たりしていて、6歳くらい離れている先輩なんかと
一緒に過ごす機会が有りました。

そうすると、もう男女問わず、色々な人が居るんですよね。
そんな中で、今、学生の方は、「この人は凄いな」という人を見つけて、
「こんな人になりたい」とか「こういう風に見られたい」などなど、

「人として尊敬出来る」人を探してみて下さい。

思ったより、個人の「セカイ」はチッポケなもので、貴方の今の
人格形成は「固定化」されているようで、実はまだ未完成なのです。

社会人一年目の方へ。
これが社会に出ると、グッと広がります。
なんせ、社長、部長、課長……30も40も離れている方、しいて言えば
貴方のお父様と同年齢、あるいは年配の方と、同じ職場で働くことに
なるのです。

不安も有るでしょうけど、そこは前向きに「色々な人と触れ合う」喜び
感じて頂きたいです。

僕の場合、やはり新卒で最初に部下として指導して下さった方のことは
忘れません。そして、共に働いた仲間のことも。

で、まぁそれだけ人が集まれば「おいおい」な人もいらっしゃいます。
そこはそれ。是非、反面教師にして頂いて下されば良いと思います。

是非、若い方々は、尊敬出来る人を見つけて、色々質問したり
一緒に遊んでみたりして下さい。共に行動するだけでも、
「セカイ」が変わって見えますよ。



「でも、人付き合いは苦手で……」「あまり人と話すのはどうも……」
という人が多いと思います。恐らく、大多数の方がそう感じていると思います。
共通の趣味を持っている人達の集まりだけなら、居心地も良いでしょう。

ですが、様々な嗜好を持つ人々が集まり、集団を成しているのが
「社会」であります。

「駄目だ」と思う前に、まず「向こうが心を開いてくれないのが悪い」と
考えるのではなく、「こちらから心を開いてみよう」と考えてみてください。

その上で、一番話しかけ易い人を探して、まずは自分自身を知ってもらう。
そこを地点として、様々な人に触れてみて下さい。

人の数だけ、個性は有ると言います。
本当に尊敬出来る人に出会い、学んで欲しい。

以上、オッサンから、皆様へのお願いでした。















>二東さん
確かに世の中、不条理が罷り通る(まかりとおる)ことが多々有ります。
私の嫌いな言葉に「言ったもの勝ち」というものが有ります。

そこに誠意は存在しているのか?
今日も、泣き寝入りでは済まされないことが、この世界の何処かで
発生している。……そう考えただけで、正直気が滅入ることもあります。
だけど、「仕方ないよね」と思いたくない。

せめて、自分だけはそういう人間にならないようにしよう。
……そう思うようにしています。

[タグ未指定]
[ 2009/11/11 13:48 ] ぼやき | TB(0) | CM(1)
う~…ん、では同じく30代、おっさんの私からも。


これから大人に成っていく皆様へ。


きっと、必ず、――嫌な事、全てを諦めたくなる事。
それがあるんですよ、今から。

「もう、やめた!」
「やってらんねぇ、何で?」
「どうして、あの人が『あんな』評価で。 自分が『こんな』評価なんだ?」
――と考えることがあるんです。

それを我慢しろ――とは言いません。
怒っても良い――とも思います。

でも、それでも
「一歩、踏みとどまる努力をして欲しい」
そう思います。

今まで積み上げたことを投げ出す事は結構、簡単ですよ?
それをした後、違う事に取り組むことも出来なくはありません。

でも、『それをして良いのか?』
そうちょっとでも感じる事があるのなら、出来るのなら。

  踏みとどまって欲しい

それが私から貴方がたに贈る言葉です。

すみません、おっさんの説教くさい言葉ですが。
どうか、「ムッカァアア~~――!」
となる時、どうか「踏みとどまれる?」とご自分の心と向き合ってください。
[ 2009/11/11 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。