ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

到着で御座います、到着で御座います~。

(19:00 追記)
「ましろ色シンフォニー」ソフマップ特典の「シンフォニックラブ愛理ヴァージョン」
めちゃくちゃ面白い(笑)ぱんにゃが良い味出してます。

「スパロボNEO」14話の途中、といった所。今回の新システム、どれも
お気に入りです。ソフトリセット不可と、敵のパラメーターが見られない。
この2点を除けば最高です。

マグナザウラーの初出撃シーンに、当時の僕が甦った(笑)
BGMと良い、演出と良い、スパロボで泣きそうになったのは
久し振り(Fでエヴァが参戦した以来の衝撃)ですね。

◆母艦搭載&出撃システム
「小隊システム」に対する対抗策です。
参戦作品が多い「α」シリーズで、より多くの機体を操る為に取られた処置が
「小隊システム」ですが、正直編成がダルい、ややこしい、という欠点がありました。
「スパロボZ」ではコスト製等廃止はしたものの、単なる「精神コマンド要因」と化した
ユニットも有りました。
今回はそんな小隊システムに頼らずとも「平等に全てのユニットを出し入れ」出来る
画期的なシステムだと思います。
EN切れやHP低下したユニットを母艦に搭載。代わりのユニットを放出。
気力低下や再出撃禁止の縛りも無いので、ガンガン搭載出来ます。

◆精神コマンド何時でも何処でも使い放題
これによって、敵フェイズのイライラも解消。あそこで
「鉄壁」「閃き」かけとくんだった……なんて心配も要らないので、凄く助かります。
しかも1ターン毎に自動回復。気兼ね無く「気合」「集中」が序盤から使用可。

◆回復アイテム、初めて使ったかも(笑)
今回の回復アイテムは、使っても減りません(但し、1話につき1回のみ)
しかも、アイテムスロット数が全体的に多いので、マジンガーZには
超合金Zと、HP回復とEN回復アイテムを付けても全然困りません。
無くならないってのが良いですね。しかも序盤から精神ポイントを
回復できるアイテムが手に入りますので、補助&回復担当にモリモリ付ければ
精神コマンドも惜しみなく使用できます。

◆改造しなくても攻撃力9999「包囲」システムの心地良さ
囲めば囲むほど、命中率と攻撃力がガンガン上がるので、
「必中」入らず。これに「熱血」を加えるとオイシイ。

◆「対空」が実は凄い
弁慶の「大雪山おろし」等の「対空」属性の技が、実は飛行ユニットに
無茶苦茶有利。覚えておいて損は無いです。改造段階の目盛りが「3」
増える毎に「対空」「ファイア」などのLVが上がるので武器改造は
「3」単位で一気に改造するのがお薦めです。


【以上:追記 終了】




ついにきたZe!「ましろ色シンフォニー」
まずはスタッフの皆様に、御礼申し上げます。

早速プレイ中です。

いやぁ、凄い。何が凄いって、シナリオも音楽もCGも心地良いんですよ。
ぱれっとの代表作のひとつになりそうな予感。

後、主人公のポジションが「わかるわぁ」と思ってしまいますので、感情移入
し易い、というのもポイント。友人ポジションの隼太くんが、ありがちな
「主人公よりモテなくて駄目人間でいつも冷遇されている」キャラではなく
きちんと支えあっている、という感じがあって好きなのです。
個人的に、友人キャラと主人公は対等であるべきだ、と考えておりますので。

取り敢えず、今はまだプロローグ部分ですが、噛み締めてプレイしております。
バックグラウンドあたりの音声とか、スキップすると聞き逃す仕様なので、
ついついプレイ時間は長くなりがちなのではないでしょうかね。


話し変わって、
スパロボNEO。現在12話。それにしても、主人公が
避けてくれない( TДT)回避に金をかけたのは間違いだったかなぁ。
今回、あまり主人公機が強くないような気がするのは私だけでしょうか?
戦艦も初期スパロボのように弱過ぎて、逆に新鮮ですね(笑)

[タグ未指定]
[ 2009/10/31 11:01 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。