ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆとり乙wwww


という文章を見て、不快に思われた方。はっきり言いましょう。



私も大嫌いです。




と、いうことで本日ご紹介するのはこの記事。
2010年卒就活生はいわゆる「ゆとり教育」を受けた世代
とのことで、人事担当の皆様の5割が「ゆとりだなぁ」と感じたわけです。
じゃあ、去年はどうだったのよ?と思わなくも無いですが。急に、今年から
人材が変わったとでも言うのでしょうか。

恐らく、背景には不況による採用枠の縮小への言い訳としてこのコメントが
有るのでは?とも思ってしまいますけどね。

良い人材は確保する。だが「この子はどうしようかなぁ。……良いと思うけど、どうしよう」
なんて思っている子は不採用とする。……そんな感じでしょうか。
……想像以上に、今年の採用枠は厳しいと思って良いでしょう。


今日は世間では「ゆとり世代」という嫌な呼称を付けられた、これから就職を
考えている方々へ、お話ということでお聞き下さい。


人間をひとくくりにして考えてしまうのは勿論、いけないことです。
このような記事を見て、落胆するのでは無く「何言ってんだよ!」と
思っていただければ、と。

1950年~60年代に生まれた方々を、当時の大人達は
「しらけ世代」と呼びました。曰く「無気力、無感動、無関心」と呼ばれる「三無主義」
を持っている、とされたのです。この年代の方々が、現在の企業の中核を担っているのは
言うまでもありません。

大丈夫です。貴方たちの入ろうとしている企業のトップですら、こういった呼称で
呼ばれていた人達なのですから。

そんな人達が、汗水流して頑張っているのが、今の企業なんです。
ちなみに私の世代はそれよりも下ですが、高校のときでも完全週休2日制でも
無いので、一応「就職氷河期世代」の少し若い世代、というカテゴリーに属します。

つまり、皆さんの先輩になる人はその「就職氷河期」を体験した人達になるわけです。

部活を経験されていた方なら「悪しき風習」があることを痛感されたでしょう。
3年の言う事は絶対で、1年の間は「パシリ」や「シゴキ」が当たり前。
その間の2年生は、3年にペコペコ。1年には偉そうにする……
こういった関係です。
私も、中学、高校と部活に入っていましたが、まさにこの通りで
(特に、中学は酷かったですね)

未だに偉そうに言っていた先輩の顔、忘れていませんからね(笑)

それが、社会でも続いているのかもしれません。

ですので、「ゆとり」なんていうカテゴリーに捕らわれないで、自分自身の
良い所を出していけば、上にも認められると思いますよ。
時には大胆に。時には元気いっぱいに。

是非、これをご覧の皆様が、素晴らしい社会人となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

[タグ未指定]
[ 2009/10/26 12:00 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。