ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心の在り処。

僕らは、生きている。

……人生、色々有ります。

もちろん、楽しい事と同じくらい、いやそれよりももっと多く(?)
辛い事、悲しい事。

今日、個人的に辛い事があったのですが、いざそれを
書こうとしたら、はて、ここで書くことに何の意味が有るのやら?
……と思えてきました。

原因が自分にあるのなら、次は同じ間違いをしないように
正せば良い。

でも、自分以外の原因で、凄く辛い目にあった場合。
(まぁ、それが今回なんですが)


あ、もう、これはどうしようもないな、と。


何だか悩むだけ、悲しむだけ馬鹿らしくなってきました。
そんな暇が有ったら、明日、出来ることを考えるか、
嫌な事全部忘れて、お笑い番組見て
只管笑うかすればいいじゃない……と思ったのです。


こういうのを、僕個人がこれまでの短い人生で覚えた
「辛い事があったときの対処法」なのかもしれません。

いつまでも、引きずっていても、有益にはならない。

じゃあ、前向きに考えるか、忘れるか、だろ。


今日、辛い目にあった人が、一体何人いるのやら。
そんな人全員にインタビューしたとき、じゃあお前の
不幸ランキングは何位だよ?

そう考えたら、ほら、悩んでも仕方ないさ。

と、いうことで、今からビール買って来ます。
飲むぞー!!
















>二東さん
貴重なお話、有り難う御座いました。なるほど、あの件の
裏にはそういう事が有ったのですね。

こういう話を聞けば聞くほど、僕たちは、頑張って、頑張って
生きているんだよなぁ、と思います。励まされるんです。
「俺だけじゃないよなぁ」、と。

だから、明日も頑張れる。

きっと、どんなことでも乗り越えられると、信じて。

ブログって、そういう前向きなことを書いていく方が
健康的かなぁ、と思います。もちろん個人の勝手
なんでしょうけど。

不特定多数の方が見る、ということを忘れてはいけない。
そんな気がしますね。



>いつも有り難う御座います
まずはこの場をお借り致しまして、感謝の意を述べさせて頂きます。
若輩者では御座いますが、私も同じ管理職として務めております。
貴重なアドバイスを頂き、誠に恐縮です。非常に参考になりました。

私も、部下をここまで思い遣る上司にならなければ、とまた
身の引き締まる思い御座います。

本来なら、お会いして、直接御礼申し上げたい所では御座いますが
それも現状、適いません。

何らかの形で恩返し出来れば……と考えずはいられません。

ですから、せめて当ブログや、スピンアウトの作品等で、
日々のストレスを発散して頂ければ……と思います。

今回は、態々足をお運びくださり有り難う御座いました。
明日が、職場の皆様にとって、良き日となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

[タグ未指定]
[ 2009/07/30 20:16 ] ぼやき | TB(0) | CM(3)
夜分、遅くにすみません。
就寝前に、この記事に気付き、居ても立っても居られない気分になりました。

先日、私のリアルで起きたプレゼンテーション、その敗因は今回の貴方と同じ様に『他者が原因』、でした。

私が異動前、手がけていた仕事。
それは商品の品音管理、でして…。

とあるメーカーで大変難しい香辛料、これを『どう』保管するのか?
『どう』飲食店にプロモートするのか?
『どう』採算ベースに乗せるのか?

四苦八苦して考えたのがメーカー⇔私⇔在庫倉庫担当、という方法でした。
在り来たりの方法ではありましたが、日次、週次、月次にこまめに連絡、商品の品質、ローテーション…等を双方向に提案し。
そのコントロール方法がメーカーさんに認められて、新たなメーカーさんを紹介いただけた――それがプレゼンテーションの切欠でした。

ですが異動に成り、私の後任者が『それ』を怠り。
※ 原因は『そこまでする必要が無い』…と判断したからだそうです。


今までのお付き合いが「破綻」しかねないトコロまで、話しが進んでしまいました。


…実を申し上げると、今取り組んでいる『新しい芽』とは、後任者に向けて作ったマニュアル・レジュメ、これが切欠です。

その日は休みをいただいていましたが、営業の人間からプレゼンの敗戦の知らせを聞き。
それこそ居ても立っても居られず、鬼姫(我が上司)に連絡し。

「今からメーカーさん、プレゼン相手にお詫び、行ってきます」
と許可を取り、その足で両者に向かい、――その時。

「何を引き継いだのか?!」
そう問いかけられた時にお渡しいたレジュメ。
これが新しい『芽』になってくれました。
激怒していたメーカーの社長さんから。
「二東、おまえ…。ここまでウチのために品質管理やコントロール、……手間じゃなかったか?」
そう、ありがたい言葉をいただき。

その後。
「お前、本当にウチに来い。 ここまで客のために親身に成れる人間、今の所で腐らせるのは勿体無い」
とまで言ってくれて。


……正直、心が揺れました。
社長さんとは本当に親身にプライベートでもお付き合いがあり。
提案された条件もまた、今の会社より良い条件でした。

ですが、諦めたくなかったんです。
自分の仕事が認められ、私を認めてくれた上司が居て。
こんな私を頼ってくれる、現場の皆が居てくれて。

社長さんの言葉、態度は凄く嬉しくて。
それでも「はい」と言えず。

「今の会社を諦められません。…もう一度、汚名返上の機会、いただけませんか?」

それが認められ。
社長さんの所の新しい醸造商品を取り扱わせていただける事になりました。


正直、後任者に対して「憎み」たい程の怒りがありました。
3年掛けて作り上げた人間関係、システムを『必要ない』と判断し。
私に、鬼姫に、現場に、会社に大打撃を与えた、その『人間』に。


でも、『それでも』、なんですよ、ね…。



何度もグチって申し訳ないのですが、今年の4月に学んだ事。

それは『逃げ出すな、自分のした事、してきた事に向き合え。向き合ってくれた人々に感謝の気持ちを忘れるな』

そして『心配してくれた人、叱ってくれた人の、温もりを、決して忘れてはいけない』のだと思います。


貴方の辛い気持ちを、逆撫でする様でしたら、本当に申し訳ありません。

ですが、どうか。
顔を上げて、立ち直ってください。

以前後悔したSO作品の中で。
舞のお母さんが彼女に向けた言葉ですが。

「悲しみから立ち直り、顔を上げたその時。きっと貴方の前に立ってくれる“人”が必ず居てくれる」

どうか、頑張ってください。

そして、今日が貴方にとって『素晴らしき 良き日』と成ってくれることを心から祈っています。

二東 拝
[ 2009/07/31 02:11 ] [ 編集 ]
追伸…
感情の赴くままにコメントし、誤字に気付きました…。

×品音  ○品質
×後悔  ○公開

…本当、恥を晒してすみません!
m(_ _)m
[ 2009/07/31 02:16 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/03 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。