ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞ちんクッキング 第3回「じゃが芋ときのこのバターしょうゆ」

七海 美菜(以降、七海)
「なぁなぁ、舞ちん。やっぱり男の料理と言えば「フライパンおかず」じゃないか?」
月野 舞(以降、舞)
「ん?どうしたの、その本は。……えっと、「すごいぞ!フライパンおかず」……ふぅん」

七海「フライパンで料理っていうのがまぁ、一番『料理してるぞ!』って気になるじゃないか。それにこう、腕の力で、ガンガン豪快に回すのが『男の料理』って気がしないか?」
「そう言われてみればね。まぁ、ここを観て下さっている方は男性の方が殆どだし、
このブログの条件にある『簡単ですぐ作れる』にも当て嵌まるわね」


七海「じゃあ、今後はフライパンで作れる料理を中心にやって行こうぜー。
まず、最初はこれが良いと思うんだが」



◆じゃが芋ときのこのバターしょうゆ

「食材もどのスーパーでも売ってるし、うん、これなら簡単そうね」
七海「よぉし、じゃあ行ってみよー」

◆ 材料(2人分)
 ・じゃが芋  1個
 ・しめじ・生しいたけ  各50g
 ・豚コマ切れ肉 50g
 ・レモン汁 大さじ1
 ・料理酒 大さじ1
 ・バター 大さじ2分の1
 ・しょうゆ 大さじ2分の1
 ・サラダ油 大さじ1
 ・パセリのみじん切り 適量

3co1.jpg

七海「ふんふん。これなら直ぐに集められるな。レモン汁と、パセリは加工済のモノを使用したぞ」
「バターは大分安くなったとはいえ、まだまだ高いけど、色々な料理に使えるから、購入して損は無いわよ」


◆ 作り方
 ①じゃが芋は皮をむいて、4cm長さの拍子木切りにする。
  しいたけは軸を取って薄切りに、しめじは石づきを取ってほぐす。

七海「舞ちん、舞ちん。その……拍子木切りって何だ?」
「簡単にいうと、ファーストフードでフライドポテトが有るでしょ。ああいう形に切れって事よ」
七海「石づきってのは?」
「きのこ料理を作るときは常識ね。きのこの軸の先にある硬い部分のことよ。今回、しめじはカットされたものを購入したからしなくても良いけど、通常はこの『石づき』を取らないといけないわね」

3co2.jpg

七海「何とか切り終えたぞー!」
「今回の料理の凄い所は、これが一番の難所だってこと。あとはフライパンに入れるだけで完成。簡単だわ」


◆ 作り方
 ②フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、豚肉を入れ、色が変わるまで炒める。
  じゃが芋を加え炒め、きのこを入れ、ひと炒めする。

3co3.jpg

じゃー。じゃー。

七海「これこれ!この音が『料理』してるって気にさせてくれるよなー」

◆ 作り方
 ③レモン汁、酒を回しいれ、ふたをし、弱火で3分ほど蒸し煮をする。
 ④ふたを取って強火にし、バターを加え、しょうゆを回し入れひと混ぜする。
  器に盛り、パセリをふってできあがり。

3co4.jpg

七海「出来ましたー♪」
「前回、前々回のレシピが出来たのなら、今回のは余裕で出来るはずよ。あ、もし料理を作るのが苦手な方も、これならチャレンジ出来ると思うわよ」


◆ お食事たいむ

七海「おぉー♪きのこ、きのこって感じだな!」
「バターがまろやかさを出してるから、見た目よりも脂っこくないのよね。それにレモン汁が入っているから、風味も爽やかだわ」
七海「味付けの決め手は、しょうゆ、バター、レモン汁の配分だと思うので、味見して、適量を追加してみてくれ」
「ってアンタ、それ私の分じゃないの!……何勝手に食べてんのよ!」
七海「フッ……甘いぜ。これは戦い、戦いなんだよ!!」

「ったく……。そういえば、今回はお手伝いフィギュアが無かったのね。どうしてかしら」

七海&筆者「「あ」」

……あまりにも直ぐに出来てしまったので忘れてしまいました(( TДT))

お後が宜しいようで。


※今回のレシピはグラフ社刊行「すごいぞ!フライパンおかず」を参照致しました。


追記:Faxiaさんいつもご紹介有り難う御座います。













スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/06/08 19:37 ] 舞ちんクッキング | TB(0) | CM(3)

舞ちんクッキング 第2回「ひき肉の香り炒め」

月野 舞(以降、舞)
「約1週間ぶりの登場よ。皆、元気にしてたかしら」
七海 美菜(以降、七海)
「ありがトゥース! ななーみのココ、まだ空いてるぞ」

「さて、前回ご紹介した「春野菜のあんかけラーメン」で余った食材を使って
今回はもう1品、作ることにするわよ」

七海「って、無視かよ!……ははーん。舞ちんってば、未だに人気投票で
七海に負けた事を逆恨みしているのカネ?やれやれ……みっともない」

違うわよ!……ほら、先に話を進めるわよ」

ぼそっ…… 「七海、あんた今日のバイト代、現物支給ね」

七海「ひぃ……それだけはお助けをぉ……!!」


◆ 材料
 ・ショウガ  小さじ1
 ・シイタケ  2個
 ・高菜  50g
 ・鶏ひき肉(前回作ったスープの出汁用でつかったもの)  200g
 ・酒  大さじ1
 ・しょうゆ  大さじ1
 ・砂糖  小さじ1
 ・チキンスープ(前回作ったスープ)  50ml
 ・ゴマ油  小さじ2


ざいりょ~

(冥土へ誘うもの)アイリ
「……材料を、お持ち致しましたわ、お姉様方」

七海って誰?!……そして、なんでこの娘、舌なめずりしてるんだ?!
それに何だか私と同じ匂いがするぞ!!」

「キケンだわ!早く出て行ってもらいましょう!!」
アイリ「……しゅん」

とぼとぼ……。

七海「あーあ。なんだか可哀相な気が」
「まぁ、心配ないでしょ。それに、次回も登場しそうだしね」

※これからも続々新キャラが登場するぞ!乞うご期待!


◆ 作り方
 ①フライパンに油をひき、生姜のみじん切りを炒める。
 ②みじん切りのしいたけ・高菜・ひき肉を加えて炒める。
 ③酒・しょうゆ・砂糖を加えて炒める。
 ④チキンスープを加える。
 ⑤真ん中を空けて、ごま油を加えて全体に混ぜ合わせる。


ちょうりちゅ~う

七海「お、今回は簡単だな。前回の残り物だからあっという間に出来るぞ」
「これを、アツアツのご飯の上にかけて、出来上がりね。生姜の風味と
チキンスープの下味がしっかり付いているから、ご飯が進むわねー」







出来ましたー!

できましたー!


◆ お食事たいむ


千鶴の近所のお兄ちゃん
「しいたけの歯ざわりと、鳥そぼろの食感が良い感じです」
七海「おー!本当だ!こいつは何杯でもいけるぜー!おかわり!」
「あら。現物支給って、あながち本気で考えても良さそうね」
七海「ちょっ!……それは勘弁してくれー!!」


※このレシピは2009年5月11日に放送された「おもいッきりDON!」
より採用致しました。














[タグ未指定]
[ 2009/06/01 21:40 ] 舞ちんクッキング | TB(0) | CM(2)

舞ちんクッキング 第1回「春野菜のあんかけラーメン」

月野 舞(以降、舞)
「え、自宅で簡単に作れるレシピを教えてくれ、ですって?」
七海  美菜(以降、七海)
「そうなんだよー。千鶴の近所のお兄ちゃんが
やってるブログのネタ切れ防止策趣味の「料理」をコーナー
にしたいらしくてな」

「そうなんだ。じゃあ、不定期で更新すれば良い訳ね。……なんで
あたしがあんな男の為に(ぶつぶつ……)」

「ちなみにだな。条件があるみたいだぞ。えっと……」

①近所のスーパーに行けば材料が揃える食材である事。
②なるべく冷蔵庫の余り物でも作れそうなものである事。
③簡単に出来る事(これ、一番重要)

「だそうだ」
「ふぅ~ん。……じゃあ、記念すべき1回目はタイトルにも
あるとおり『春野菜のあんかけラーメン』を作りましょう」


「……。おい待て舞ちん。いきなり条件の③が満たせないような
レシピじゃないか!」

「確かに、超簡単、というわけじゃないわ。でもこのレベルくらい
クリアしないと、この先もやっていけない、言わば『最初の壁』ね」

「相変わらずスパルタだな舞ちん」
「と、言っても難しさで言えば、やはり簡単な部類よ。
料理は『手順』と『分量』さえ間違わなければ不味く作るほうが
難しいものよ。ま、黙ってあたしに着いて来なさい」



……。

…………。

「ぜぇ、ぜぇ……ざ、材料を買ってきたぞ」
「ご苦労様。全部開けて、材料の確認をしましょう」


ざいりょー


「はちゅねミクのねんどろいどは余計ね」
「まぁまぁ。葱と言えば、ミクだろ!という千鶴の近所のお兄ちゃんの
安易な考えなんだ。許してやれよー」




■その1 チキンスープを作ろう

◆材料 
鶏ひき肉 200グラム 長ネギ 10グラム 生姜 10グラム 水1リットル

◆手順
・火にかけず鍋の中に上記材料を入れ、よくかき混ぜる
・強火にし、沸騰したら弱火に。30分待つ

「灰汁は最初だけで良いわ。あとは30分、そのまま、と」
「30分もか?!どうしよう、暇だぞ!」
「おバカ!その間に、下ごしらえをするの。はい、野菜切って」
「うぅ……七海はここでもこういう役なのかぁ」



30分後。

すーぷ

ドモン=カッシュ「ほぅ……なかなか良い加減じゃないか。では、こうすれば
もっと早く出来上がるのではないか?」

ドモン「……はぁぁぁぁ!!!俺のこの手が真っ赤に燃えるぅぅぅ!!
スープを作れと、轟き叫ぶゥゥぅーーーー!!」

「っておバカ!……弱火だって言ったでしょ!それにもう30分経った
わよ。はいはい、物騒なもの仕舞って」



・スープをこす
・こした後のひき肉は他の料理に使うのでそのままに
(次回の料理のコーナーで話すわよ)

「はい、じゃあこんな感じで」

co3.jpg



■春野菜のあんかけラーメンを作ろう

◆材料
春キャベツ 25グラム タケノコ 25グラム アスパラ25グラム
ニンジン 25グラム 絹さや 25グラム サラダ油 少量
ネギ 大さじ1杯 アサリ 200グラム(大体100グラムで売ってます)
料理酒 大さじ1杯 上で作ったチキンスープ 300ml
塩コショウ お好みで(そのままだと薄いので、まさにお好みで、ね)
水溶き片栗粉 適量 (加減を決めて少しづつ入れていきましょう)
そうめん 1束

「ラーメンなのに、そうめんを入れるんだな」
「そうめんの方があっさりした味わいになるのよ」

◆手順
・キャベツ=ざく切り たけのこ=薄切り にんじん=薄切り
アスパラ=斜め薄切り 絹さや=筋取り

「野菜、切り終わったどー!」
「こっちも終わったわ」

◆手順2

・鍋にサラダ油をひき、ネギのみじん切りを炒める
・香りが出たら、強火にして、アサリを加える
・スープ、料理酒を入れ、ふたをする
・湯掻いたそうめんを器に入れる
・アサリの殻が開いたら野菜投下
・塩こしょうで味をととのえる
・スープの3分の1を、素麺の入った器に入れ、かきまぜる
・片栗粉を鍋に入れ、とろみをつける
・とろみを確認したら、そうめんにかけて出来上がり

できたー


千鶴の近所のお兄ちゃん
「出来ましたー」
「ん。味は薄味だし、野菜も多めに作っちゃったけど……まぁ次回は
もっと上手に作れそうね」

「あはは。じゃあ、食べようぜ~お腹が空いてきた~」


◆食事たいむ

「ん……。このスープの透明感が凄いのよね」
「おぉー。本当だ」

co6.jpg

「濃い味が好きな人は少し物足りない、と思うかもしれないな」
「塩コショウの加減次第ね。野菜もたっぷり入ってるし、これだけでも
お腹一杯になっちゃうわね」


※このレシピは2009年5月11日に放送された「おもいッきりDON!」
より採用致しました。













[タグ未指定]
[ 2009/05/25 16:08 ] 舞ちんクッキング | TB(0) | CM(5)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。