ぼやき、つぶやき、その日の、とりとめもないことを徒然なるままに。
【クロノクロック】応援バナー
当ブログは「Purple software」を応援しています。
レズコプター
TVアニメーション「艦隊これくしょん」公式サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久し振りにガンプラ作成。「1/144 HG ガンダムAGE-1 ノーマル」

久し振りに、ガンプラ作りました。


age1.jpg




1/144スケール HGシリーズ
「ガンダムAGEー1 ノーマル」

です。

age2.png


基本は凝ったことが出来ないので、単なる素組みです。ペンでスミ入れを行っている程度。
これだけで全然違うので、取りあえず、組み立てたらスミ入れだけはするように
しています。


age3.jpg



新番組「ガンダムAGE」の主人公モビルスーツが、放送に先駆けてプラモ化です。
約1,000円でこれだけのクオリティは非常に満足な出来と言えますね。

公式HPにも有るように、腰、足の稼働が非常に良い感じ。かなり大胆なポージングも
可能です。


TVの前でポージングを決めたプラモを横に鑑賞する喜び。
目の前に、TVに登場したガンダムがあるわけですね。
男の子特有の「わくわく」感を味わうことができるので、本放送が楽しみ。


HGシリーズはパーツ数も少なく、組み立て時間もそれほどかかりません。
ホビーショップで見かけた際は、是非、挑戦してみては如何でしょうか。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/09/25 02:43 ] ほめらじ | TB(0) | CM(0)

知っていましたか?

風音様の一人称は「あたし」なんですね。

周りの女性陣を調べたところ、大体が「わ」たしなんですよね。
「あ」たしは少ない。……つーか、誰も居なかったり。
関西になると「うち」になります。(でも最近は少なかったりします)

広辞苑で調べるとですね、

元々「私」は「わたくし」が正式な言い方らしいです。
「わたし」は話し言葉に分類されるわけですね。
「あたし」は主に女性が用いる、とあります。


なんだか「あたし」という言い方は可愛いらしいなぁ、と個人的には
思います。年下の女の子なんかが使うとドキッとしますよね。



つまり、風音様が使うと、

破壊力も違うというわけですな。






うりゅ、うりゅりゅ。りゅー。(そりゃ、そうでしょーが!)


















[タグ未指定]
[ 2009/11/05 21:38 ] ほめらじ | TB(0) | CM(1)

ぱんにゃ可愛いわぁ。

IEで見たらぱんにゃが!ぱんにゃが! (*´∀`*)ポワワ ですなぁ。
ワタクシ、ブラウザはFirefoxなので見落としてました。
え?何故気付いたのかって? ごめん、会社のみんな……仕事中にちょこっと見ちゃった

ふふん!!
IE Tabを使ったのさ!!……SOKさんもボツくらってたんですねぇ。
最近、僕も採用されない……ほめらじ。前より採用されるの難しくなってる気が。
そう思いますネェ。SOKさんのメールが読まれて、その後で僕が読まれて……
なんて密かな夢が有ります。

さてさて。
今週は久し振りの「井村屋ほのか」さんがゲスト。
テンション上がったわぁ。やっぱり、素敵な声をお持ちでいらっしゃる。

つくづく、僕はお姉さん属性が好きなんだなぁ、と再確認。

お姉様に甘えたい!
それが、男の子の夢ってモンじゃないですか?


>おはようのご挨拶をくれた方へ
コメント、拝見致しました。丁寧な返信を頂き、恐縮です。
顔も存じない、また日本の何処にいらっしゃるかもわからない
「ネット」という空間ですが、
ご配慮に感嘆し、また身の引き締まる思いで一杯です。

SOを卒業する。……それはそう遠くないかもしれません。
僕らが求めても、いつかは、無くなる。
その時、笑顔で別れの挨拶が出来るように。
……裏を返せば「なんだよ、悲しくなるじゃん」と思えるほどに
沢山の「仲間」に出会えた事。

僕が、SOをやっていて、一番良かったなぁ、と思うのは、
同じ「作品」を愛し、楽しんだ「仲間」と会えた事かも
しれません。








[タグ未指定]
[ 2009/05/16 01:21 ] ほめらじ | TB(0) | CM(2)

ほめらじ「採用」への道 第2回

ほめらじ百人一首『5月』の課題は「21~40回」。
皆、GWはじっくりバックナンバーを聴いて投稿しまくろうぜ!

ちなみに僕は仕事ですが何か?


ちなみにこのコーナーに投稿したことは無いので勿論、採用もされておりません。
そんな僕が攻略法を書くのもどうかと思いますが……。
取り合えず、こうすれば良いのかなぁ、というのを書いていきます。

①まずは聴く。
……って当たり前のことじゃねぇか!!と思いますが、その前に
各放送回の「ゲスト」狙いで聴いてみると良いかと。

ちなみに21~22回のゲストはRitaさんです。
まぁ、このようにゲスト回はゲストに関する内容で投稿するのが定石でしょう。

問題はゲスト無しの回。この場合は、荻さんや風音さんの発言に注目。
各コーナーでの名言、フリートークで印象に残った名言などをピックアップしていきます。

◆まとめ
各放送分を ゲスト回 と 非ゲスト回 に分ける。
ゲスト回なら、ゲストに関する内容を。
非ゲスト回ならその回で印象に残った出来事など。




②各名言を抜粋する。
例えば26回放送で、荻さんが某コーナーでぴたり賞をGETしました。
これを題材にするとします。
この出来事が、今後ある名コーナーを作ることになるきっかけとなります。
それも踏まえつつ、そのコーナーを繰り返し聞きます。

ゲームの特典で「ほめらじCD特別編」ってありますよね。
仮に、その放送分をCDで出すと仮定した場合、トラック毎に振り分けなくては
いけません。さぁ、アナタならどう振りわけますか?
まずは、そのトラック毎の振り分けで考え、更に細分化し、ピックアップして
「エピソード」を抽出しましょう。

◆まとめ
どの回を題材にするか決定したら、その回の印象的だったシーンのみを
繰り返し聞く。(ブロック単位で考える。各コーナーなのか、フリートークなのか)




③キーワードを抜粋する。
ここで、もう一度「ほめらじ百人一首」の投稿に関する注意点を見てみましょう。
「5・7・5・7・7」の句で言葉を作る、とあります。
長すぎるキーワードでは無く、短めのキーワードを抜粋していきましょう。
26回放送なら……

「荻さん」「金額当て」「ピタリ賞」「諭吉」「欲しいぞー諭吉」

などなど。
文章の肝となる「キーワード」を抽出すれば、後は「5・7・5・7・7」に
当て嵌めればOKです。

本当はカッコ良い句にするのが一番なのでしょうが、
耳に残る文章、という意味ではやはり従来の攻略法である

「判り易く、簡潔な言葉」

が良いと思われます。


★全体の流れ
聴く

題材となるものをピックアップ

キーワードに使えそうな「単語」をピックアップ

「5・7・5・7・7」に当て嵌める。



それでは皆様も張り切って投稿しましょうね!

[タグ未指定]
[ 2009/05/03 10:57 ] ほめらじ | TB(0) | CM(0)

ほめらじ「採用」への道 第1回

ペンネーム ○○さんからいただきました。

「 定額給付金 で、風音様の出ているゲームを買いました!
褒めてください!」


~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


突然ですが皆様、上の文章を読んでみて、どう思ったでしょう。
これ「ほめられてのびるらじおPP」の1コーナー「ほめてくれ」宛に考えた、
ある一つのメールとします。

果たして、採用されると思いますか?

答えは限りなく「NO」。理由として、
※誰もが考え易い、誰もが思い付くであろう内容である=重複する恐れあり。

但し、
※文章が短く纏められている
※その後のパーソナリティのフリートークで「そういえば使い道は?」等々、
使える可能性がある

などの理由も考えられるので採用が限りなく「0」というわけでも無いようです。

私事ですが、
「千鶴の近所のお兄ちゃん」名義で1回。
別名義で2回の、計3回だけですが、今まで採用されたことがあります。

まったくの不採用ではないので、少しはアドバイスも出来るのではないか?
……ということで。不定期では有りますが、このカテゴリでは
「僕と一緒に、ほめらじに投稿して採用されるまで頑張ろう!」
というコーナーです。

「メールをずっと送ってるのにどうして採用しないんだFび林ィィ!!」
とお嘆きのアナタに。
「あの人はどうして採用率が高いんだよ!!」
と不思議がってるアナタに。

少しでも採用率を上げる=レベルの高いメールが多く届く=番組の質が上がる
=リスナーも聞いていて楽しい!

以上の点から、わたくしながら盛り上げていこう、ということでひとつ宜しくです。


第1回
「フォーマット」について

まずは1回目。単純に言うと「基本的な構成」からです。

現状、様々なコーナーが「ほめらじ」では有りますが、どのコーナーでも
まず大事なのが
「文章を簡略化し、読み易くすること」
です。
採用の難易度を下げるためにも、まずは

簡潔で読み易い文章
にチャレンジしてみましょう。

【実践編】
ではどうすれば短く出来るのか。これはもう書いて、書きまくるしかありません……
が、実は現代社会においてこの「短く纏める能力」は実は若者の方がある、といわれてます。

①某巨大掲示板での書き込み。
……今更説明もありませんが、あの場での書き込みは「短文重視」。
3~4行ほどでまとめて書き込むのがマナーです。
長い文章を書くと「長文乙」「~した、まで読んだ」などと相手にされません。

②携帯メール。
メールの返信って長いと邪険にされませんか?あそこでも如何に簡略化出来るかが
コミュニケーション能力の問われる良い機会かと思います。

以上の点から、普段の生活の中で定期的に「短く纏める」意識をすれば
大丈夫かと思います。


【応用編】
例文を出しましょう。
ぽっちっと!レスポンス!での投稿例。

「のびるちゃん、ボクの胴体みてみたい?そんなに見てみたい?なら見せてあげる☆ by.Pタン」

これはディレクターが考えた文章ですが、非常に読み易い。

細かく分けると、

①のびるちゃん、
②ボクの胴体みてみたい?
③そんなに見てみたい?
④なら見せてあげる☆

わずか4ブロックです。しかも最低限必要な情報のみ書いてある。
これを例えば、
「あのさ、のびるちゃん、ちょっといいかい?ねえねえ、ボクの胴体みてみたい?
え、そんなに見てみたいんだ?クワァー!なら見せてあげるね☆ ……ハイッ! by.Pタン」
とします。

……長くて読み難いですよね。その数なんと6ブロック。

①あのさ、のびるちゃん、ちょっといいかい?
②ねえねえ、ボクの胴体みてみたい?
③え、そんなに見てみたいんだ?
④クワァー!
⑤なら見せてあげるね☆
⑥……ハイッ!

一度書いた文章を「区切って」そこから不要なものを「削り」再構成する。
これが大事です。
①は、「あのさ」「のびるちゃん」「ちょっと」「いいかい?」
で分け、要らない部分である呼びかけの「あのさ」を削ります。
③④はあの文章ありきで付け足しただけなのですが(笑)
無くても文章として成立する。
要らなくて良いならとことん削るのが基本です。

構成作家の方々は毎回、何通ものメール文章を読むわけですから、
あまりに長いものは敬遠しがちです。
推敲して、出来るだけ短い文章を書いてみましょう。

「短いと不安なんだけど」とお思いのアナタは、採用されたいコーナーの
バックナンバーを聞いて大よその文章の長さを掴んでみて下さい。
意外とあっさりしているものですよ。

それでは今日はこれまで。
またね。






[タグ未指定]
[ 2009/04/22 00:49 ] ほめらじ | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。